2006年8月24日 (木)

イカ墨とたこ墨

 先日、テレビで懐かしいフレーズを耳にしました

 

 「何やってんだ。 このタコ!」

 まあ、チョット前まではよく耳にしたこの言葉。

タコはとかく人をけなす言葉に引用されることが多いの

ですが、実際にはそれほど愚かな動物ではないようです

 

北海道大学の研究生によると

「タコは学習能力がある、賢い生き物なんです。」との事。

これは、実際に研究で実証されたそうな。

 

西欧では「悪魔の魚」などと気味悪がられることもある

タコですが、日本人にとっては身近な存在。

国内の年間消費量は約十三万トンで、

世界の総漁獲量の三分の二を消費している

世界最大のタコ消費国。

つまり誰がタコなのかというよりも

 

日本人自体が「この、タコ!」なのである。

 

さて、このタコの同義語でもあり、反意語的存在でも

知られる生き物と言えば・・・・・・イカ。

 

イカはどうだろうか?

こちらの結果もタコと同じく世界一。

年間ざっと70万トンを漁獲した上に10万トンを輸入。

世界の水揚げの半分を食べている。

1世帯当たり年間消費量は6.5キロ。 

 

つまり、日本人は「イカ大王」でもあるのだ。

 

ところで、このイカとタコ。

元々先祖は同じ生き物だし

日本人になじみが深いのはよく分かったけれど

一つだけ、納得できないことがある。

 

 

それは、様々な説が飛び交う墨論争。

何故、イカ墨は食べるのに

タコ墨は食べないのか・・・・・・と言うもの。

しかしこの疑問は、

とてもシンプルに解決できるんです。

 

理由1

たこ墨はまずい。

イカ墨はうまい。

成分はほとんど同じですが、

含まれるアミノ酸の量が断然違い、

イカ墨の勝利です。

 

 

理由2

墨を吐く目的の微妙な違い。

イカもタコも逃げるために墨を吐くのですが

イカ墨は粘性がとても高いため、吐くと自分の影のように残る。

そして、捕食者が目の前の墨をイカと間違えて攻撃している

間に逃げるのだ。

  もちろん、捕食者もばかではないからすぐに気付くのだが、

一瞬気をとられている間に逃げられればいいのである。

 

 

一方たこ墨は粘性が薄く、すぐに散ります。

つまり煙幕の役目をするので海中に広がります。

後は皆さんのご想像通りです。

忍者のように、ニンニンと逃げるだけ。

 

 

つまり、粘性があると言う事は料理に絡み易い

ということですよ。

逆に粘性が少なければ絡みにくいので

料理に合わせにくいのです。

 

 

今日はいつもと違って、あまりオチャらける事も無く

いい勉強が出来ました。

  

もっと多くの人に「食」について知って欲しいので

Banner2_5←応援クリックお願いします

 

 

| | コメント (36)

2006年6月17日 (土)

何故ウニは箱に入れられているのか?

みなさんこんばんは

 

6月も半ばを過ぎ

夏が旬のおいしいものが沢山出てきましたね。

 

ウニ・イカ・スズキ・鯵 等

あまり味が濃いものではなく

上品に、夏らしく食べれるものばかりです。

 

と言うことで、今日はウニについて

ちょっとしたお話を・・・・・・ 

 

ウニは大きく分けて

  「白」   「赤」

 と呼ばれる物が存在します。

 

白とはムラサキウニなどに代表される

淡い風味を持ち、その上品な味わいを

楽しむことの出来る、通称「白ウニ」です。

 

赤とはエゾバフンウニなどに代表される

濃厚な風味と味わいを持つ力強さ

が特徴で、通称「赤ウニ」と呼ばれます。

 

最近では、濃厚な味わいの「赤ウニ」

が主流ですが、僕はどちらかといえば

繊細な甘みを持つ「白ウニ」が大好きです。

 

特に九州北部の玄界灘周辺は

ムラサキウニの宝庫で、長崎県壱岐で取れた

ウニなどは、関東関西の超高級すし店などで

ほとんどが買い占められています。

 

また、ウニにもピンキリが有りますが

たくさんあるウニの中でも

常に最高値で競り落とされるのも

この「白ウニ」なのです。

 

勿論、赤ウニもそれに引けを取らず

美味しいのですが、これは

すし屋さんが白ウニを好んで使うから

値段に反映されやすいようです。

 

さて、ウニといえば

通常箱に入って売られていますね?

 

よく、あの箱ウニを食べた人から

こんな話を聞きます。

 

「ウニは薬臭いから苦くて

    嫌いなんだよなあ!!」と。

 

実はこれ、ウニが薬臭いのではなく

実際に少量の薬を使っているからに

他なりません。

 

その薬品とは、「ミョウバン」です。

大根の妻(けん)をしゃきっとさせるのに

つかったり、なすびの色だしをするときに

水に溶かして使用するこの薬品。

 

ウニに対しては、その形を

保持するのに使用します。

 

ウニはとても鮮度に敏感な生きもので

殻をはずして取り出すと、すぐに

海水程度の塩水に氷を入れて

カチコチに冷やしたものの中に

入れて、鮮度を保ちます。

いわゆる「塩水ウニ」などはこれに当たりますが

もし、ミョウバンを使わないと2日程度で

溶けてしまいます。

 

その為、ミョウバンをその冷やした氷水の中に

入れて形を保つのですが、

このときにミョウバンが強いととても

ミョウバン臭く、苦いウニになってしまいます。

 

しかも、悪いウニほど崩れやすいので

多量のミョウバンを使う羽目になるのです。

だから、不味いものがより不味くなってしまうのですね。

 

なら、おすし屋さんなんかは

そんなミョウバンのウニを使わないで

生のウニを使っているのかといえば

先ほども話した通り、「箱ウニ」を使っています。

 

それは、うにが非常に当たり外れの大きい

食べ物だからです。

 

ウニばかりは、殻を開けて

味を見ないとその質は分かりません。

万一、大切なお客様にとっておきの

ウニを出そうと張り切りすぎて

殻つきのウニを買って帰ったところ

外ればかりで、逆に恥をかいたというのは

よく聞く話です。

 

それに比べ、箱ウニは

殻をはずし、色を見て、選別し

同じくらいの質のものを同じ板に載せます。

 

その為、当たり外れは無いのです。

高いものは美味く、安いものは不味い。

非常に分かりやすく安定した味を

出せるのです。

 

「だからと言って、ミョウバンを使ってちゃね-」 

 

とおっしゃる方の気持ちもよく分かります。

しかし、上質なウニほどミョウバンを

そんなに使わなくても形は崩れません。

だから、ミョウバンも減らせるし、

そんな高級品は一流の店で使われていますので

鮮度抜群、売り切れ必至です。

 

単純に薬を使うことを否定してしまったのなら

いま、私達の食卓や居酒屋さん、おすし屋さんに

「軍艦巻き」や「ウニの刺身」は存在しませんでした。

 

僕は考えます。

 

薬を使うのが悪いのではなく

何のために、何故を知ることが

重要だと思います。

 

それは、単に安定供給の為の

農薬のような存在もあるでしょうが

ウニのように、美味しさを引き出す

役割をするものもあるのです。

 

大切なのは、その背景に目を向けること

だということなのかもしれません。

 

最近、ブログの更新が随分滞っていますが

これにはちょっとした訳があります。

 

それに関しては今度話しますが

つい先日わが社に一本の電話が

ありまして・・・・・

その相手とは・・・・・・・・・・・・・・

日本テレビ系列の「新。どっちの・・・・・・・」

 

次回をお楽しみに

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

| | コメント (11)

2006年6月11日 (日)

ドイツと言えば、やっぱりビール

 

ビールのおいしい季節になりました。

 

巷ではワールドカップに関する

話題が持ちきりですが、

やはりわが宗右衛門と致しましても

これに便乗しない手はありません。 

 

が、 

 

勿論、食べ物に関する話です。

そう、冒頭でも触れたビールについて

語りましょう。

 

ビールといえばドイツ。

ドイツといえばビール・・・・・・・皆さん、お好きですか?

僕はあまり飲めないクチなので、

ビール片手にテレビでサッカー

とはならないのですが

 

本場ドイツでは

1516年「ビールは大麦、ホップ、水だけで作るべし

と言う「ビール純粋令」が出て、現在でも守られています。

つまり、麦芽100%以外はビールではないのです。

 

わが国では第三のビールなんかが

巷に溢れておりますが、

さすがに本場はこだわりがあります。

 

わが宗右衛門はそんな王道を貫く

ドイツビールにエールを送りたいものです。

が、その前にビールの歴史を紐解いて見ましょう。

始まりは紀元前3000年ころ

当時のシュメール人が麦の種類によって

4種類のビールを作っていたと言われています。

 

その後エジプト、ギリシャ、ローマに伝わり、

当時はワインよりビールが主流でした。

それが、ワインに取って代わられるのは、

かの有名なイエス・キリストが

ワインを好んで飲んでいたからだそうです。

そしてキリスト教が広まるとともに

ワインが主流となったと言われています。

文献上では、史上最古の「ハムラビ法典」で

ビールを薄めて売ると

溺死刑なんて恐ろしい条項もあります。

ところで、あのビールには付き物の

シュワシュワーーーの泡はなぜ必要なのでしょう?

 

泡は酸化を防ぎ、口当りを柔らかくすると同時に、

苦味やアルコールの刺激を和らげる効果があります。

だから目の細かい泡が立った

ビールがおいしいようです。

そして、意外にも冷やし過ぎのビールは

泡が立ちにくく美味しくないのです。

 

さて、ビールっ腹と言う言葉をよく耳にしますが、

ビールを飲むと太るってほんとですか?

 

実は

 

なんと

 

全くの嘘っぱちです!!!!

アルコールのカロリーは

エンプティーカロリーといわれ、

体温上昇につかわれ体にはつきません。

大瓶一杯の生ビールで89kcalと

他のお酒に比べると若干高めですが、

ご飯1/4杯分と同じです。

 

ただし、その食欲増進効果によって、

ついつい、おつまみを食べ過ぎてしまうのが

TOO BADです。

 

さて、雑学はこれくらいにして

旦那さんのために美味しいひとときを

過ごして欲しいと願う

そんな貴女のために、

美味しいビールの注ぎ方をお教えいたしましょう。

 

 1.開封の際に最も炭酸が逃げるため

  静かに蓋を開けます

 2.初めにグラス1/2~2/3位まで

  勢いよく泡立つように入れます。

 3.荒い泡が消えるまで

  およそ30秒~1分間、そのまま置いておきます。

 4.グラスを傾けて、泡の下を通すように、

   静かにビールを注ぎます。

 5.ビールと泡の比率が7:3位になるのが

   最もよいと言われています。

そして、グラスは丁寧に洗って、

布巾は使わずに自然乾燥させ、

霜が着く程度に冷やしておきます。

夏は4~6度、冬は6~8度に冷やして

置けばmore better です。

 

さあ、それでは早速お試し下さい!!

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2006年6月 6日 (火)

出来ることから・・

 

皆さんこんばんは

 

やっとのことで引越しが完了し

落ち着いてブログをかける様になりました。

 

いや~、田舎は良いですね。

チョット都会にいたからって

都会人ぶるつもりはありませんが、

なにしろ

カエルがウルサイ、ウルサイ。

 

夜になるとゲーコ、ゲーコ。

 

あ、ゲーコで思い出した。

もうすぐワールドカップが始まるので

ジーコの采配には注目ですね。

オーストラリア戦まで後1週間ですからね。

 

すいません、

話がそれてしまいました。

 

今日のお話は

『牛』についてです。

 

以前にも、シャトーブリオンの美味しい焼き方や

牛の等級、その見分け方などのお話をしましたが

今日はちょっとした豆知識についてお話しましょう。

 

まず、関係ない話ですが僕は

牛が大好きです。

 

何が美味しいかと言えば

牛丼!!

♪♪早いの安いの、、、美味いのーーー♪♪

と歌うキン肉マンの声が聞こえてきそうですが

何回たべても飽きません。

 

しかし、先日

しばらくご無沙汰だった、

伊万里牛の古竹さんの所に遊びに行ったとき

牛のゲップを目の前で食らってしまい

 

暫く立ち直れそうに有りません・・・・・・・・・・・・・。

 

皆さん、食らったことありますか?

 

その音、匂い、威力もさることながら

実は

牛のゲップは

 

地球温暖化の原因でもあるのです

 

牛のゲップにはメタンガスが混じっています。

メタンの温室効果は二酸化炭素より

はるかに大きく、

ウシのゲップは世界中のメタンガス発生量の

16%を占めているのです。

 

恐るべし、牛のゲップ!!

 

僕達がこれほど真剣に温暖化防止に

取り組んでいるというのに・・・・・

 

地球温暖化の防止のため

たくさんの牛を食らい尽くすべく

 

明日も、牛丼食べて来ます!!

 

これを読んだ皆さんも、

明日ばかりは

ダイエットを止めて

地球温暖化防止のため

牛を食べましょう!!

 

あ、宗右衛門の伊万里牛と佐賀牛もヨロシクネ・・・(ボソ)

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

 

 


 

| | コメント (9)

2006年6月 3日 (土)

手痛いしっぺ返し

 

当たり前の話ですが

 

陸は海によって隔てられていますが

海は世界中、途切れることなく繋がっています。

 

以前店長から聞いたところによると

サーフィンで有名なハワイのノースショア。

 

世界最高の波がサーファー達の心を

虜にして止まない世界でも有数の

サーフスポットです。

 

このノースショアが何故そんなにも

高い波が来るのかといえば

それはシベリア高気団の影響があります。

 

意外に知られていませんが

ノースショアのベストシーズンは冬です。

シベリア高気団の影響で日本辺りから

冬の北風に乗って

どんぶらこ どんぶらこ

とやってきたウネリが海岸際で

そのエネルギーを放出するため

あの様に高い波が起きます。

 

また南海岸のワイキキビーチには

南極大陸辺りで出来たウネリが

赤道を越えて

どんぶらこ 

と、やってくるため安定して良い波が立つのだそうです。

 

では、昨日お話した海洋深層水はどうでしょうか?

 

水深が深いため風の影響を受けることは

無さそうですが、海流はあるのでしょうか?

 

実は、深層海流と言うものが存在するのだそうです。

 

この深層海流。

イギリス北西部のグリーンランド沖で

高緯度のため比重が重くなり沈むのを

きっかけに、大西洋を南下し、南極辺りで

また、比重の重くなったものと合流します。

 

その後、インド洋を通り

太平洋を北上し湧昇水となって海面まで上昇し、

またグリーンランド沖まで戻っていくのです。

ただし、戻っていくといっても

片道2000年の大旅行です。

今私たちが飲んでいる海洋深層水は

イエスキリストが生まれた頃に

沈み込んだ水なのです。

  

日本では室戸岬沖で

北上中の海洋深層水を汲み上げているため、

高知県では海洋深層水使用の野菜が多く

作られています。

 

有名な室戸海洋深層水がこれです。

 

しかし、この海洋深層水はもともと

地球の温度を一定に保つ役割も含まれていて

この5000万年の間、地球の温度を一定に

保つ役割を果たしてきました。

 

しかし、1万3000年前の氷河期後期。

この深層海流が

北米の氷河が解けて流れ込んだ結果、

比重が軽くなり

沈み込むことが出来ずに

止まってしまったことがありました。

 

そして、高緯度地方に

少なくとも5度以上の寒冷化を促したそうです。

 

これが現代の温暖化でも起こりうるのではないかと

言われ、懸念されています。

 

また、地球規模で行われている

海洋深層水の汲み上げで

海流が変わり、地球に対して

影響を及ぼすのでは無いかとも言われています。

 

陸に対する知識は多い現代でも

深海に対する知識はまだまだです。

 

21世紀の資源といわれる

大陸棚付近に存在するメタンハイドレード等も

今後視野に入れて開発が進みますが、

海は甘く無さそうです。

 

以前、九州の有明海で、諫早干拓のため

堤防をせき止めた結果、

潮流が変わり有明海に生息する生物に

大打撃を与えたことがありました。

 

壊すのは簡単ですが

自然に戻るまでには何百倍もの時を要します。

 

失敗は成功の元。

 

私たちが好んで使う諺ですが、

自然界に対する失敗は、

そう甘くない。

 

身をもって体験した私たちは

今後、どう向き合っていくのでしょうか?

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

 

|

2006年6月 1日 (木)

美味しい水と地球の不思議

いつの頃からでしょうか?

 

水を買うようになったのは・・・・

 

まだ僕が小さかった頃

僕の家に井戸水がありました。

 

水道代もかからないし

冬はほんのり温かく

夏はひんやり冷たい美味しい水。

 

お茶のペットボトルをはじめて売ったのは

伊藤園の社長さんでしたが

水を買うと言う歴史は

欧米から入ってきました。

 

気候の違いや風土の違いも有るのでしょうが

本来、地方を海に囲まれ山が多いわが国には

水は買うのもではなく当たり前にあるものでした。

 

しかし、現代・・・・・

 

快適さ、便利さ、高度な技術の代償に

私たちは美味しい水を失いました。

カルキ臭い水道に

健康被害。

 

水が売れるようになったと言うよりも

買わざるを得なくなったのですね。

 

日本全国水自慢。

名水100選などで美味しい水を

求めている人も多いと思いますが

栄養に関しては

あまり違いが無いのも事実です。

 

しかし、これが海水を含むとなると話は別です。

 

『海洋深層水』はここ5年くらいの間に

とても有名になったものですので

皆さんご存知だと思います。

 

では、この海洋深層水。

一体どんな効果があるのかと言う前に

海洋深層水とは何かについてお話しましょう。

 

海洋深層水と言うのは

簡単に言えば

「光が届かない水深200m以深の海水」のことです。

 

地球上に存在する水の97.6%は海水ですが

さらにその約95%を占めているのが

水深200m以深の海洋深層水なのです。

 

まあ、言われてみれば私達の生活圏内に

存在している淡水より

海にある海水のほうが量が多いのは

ごく当たり前のことですね。

 

単に量が多いから着目しているのかと

言えばそうではありません。

 

では、何故いま海洋深層水なのでしょうか?

その理由は、海洋深層水の特性にあります。

大きく分けて4つ

「富栄養」「清浄性」「低水温」「安定性」

があります。

詳細を話すと前回の地球の気候変動にまで

及びますので今回は割愛しますが

利用法は多岐にわたっています。

 

身近なところで言えばミネラルウォーター。

食品関係で言えば

水を使わない料理はほとんど存在しませんので

塩等を含め、全ての料理関係。

 

そのほかで言えばプランクトンや海藻の培養。

肌につけるものですから、化粧品関係にも応用されています。

 

日本では高知県が有名で

スーパーで売られている食品のほとんどが

海洋深層水を利用しているのが

あたりまえの状況だそうです。

 

また、アトピーにも効くという話です。

アトピーの原因の一つ、体内の好酸球の働きを抑制し

コントロールしてくれます。

 

ただし、一つ忘れてはいけないことがあります。

 

海洋深層水を手にした分だけ

必ずそのしっぺ返しを食うということです。

 

次回は海洋深層水の危険性について

今回割愛した部分を含め

お話したいと思います。

これは私達の近い将来に身近な問題ですので

どうぞお楽しみに

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

| | コメント (2)

2006年5月28日 (日)

ペリーの黒船と捕鯨禁止の謎

 

江戸幕府による鎖国を破り日本を開国させたのは、

実は・・・・・・・・・・・・・・・太平洋のクジラ漁でした。

 

ジョン万次郎も捕鯨船に助けられました。

 

18世紀~19世紀半には、アメリカ式捕鯨が盛んになります。

昔から日本近海はマッコウクジラの

良漁場として知られていました。

緯度的に全てのマッコウクジラの

回遊可能域にあたるのが理由のようです。

そのマッコウクジラを追っていた、

欧米の捕鯨船団が燃料や食料補給のために、

江戸幕府に開港を迫ったのが日本開国の

一番の理由でした。

 

つまり、日本を開国させたのは

単に燃料と食料が欲しかっただけ・・・・・・・・・

 

「何言ってんだよ!!勝海舟の活躍だよ!!」

 

と憤るロマンに満ちた勝海舟ファンの皆様には

申し訳ないのですが、現実は

ドラマではなかったのです。

言われてみれば、当時鎖国を続けていた日本に

欧米諸外国が求めるものといえば・・・・

 

それくらいだったのかもしれません。

 

ところで今、

捕鯨禁止になっている本当の理由を 

皆さんご存知ですか?

 

勿論、始まりは生存数の減少でした。

 

生存数の少ないクジラから

徐々に捕鯨禁止になっていったのです。

 
1936年~ セミクジラ、ホッキョククジラ
1948年~ コククジラ
1963年~ シロナガスクジラ
1966年~ ザトウクジラ

 
しかし、1972年の国連人間環境会議で

アメリカが突然だした「全ての商業捕鯨を

10年間禁止」提案。それが可決され

1982年商業捕鯨全面中止へとつながります。

 

1978年以降、捕獲が認められていたのは

ミンククジラだけだったのです。

 

では、1972年になぜアメリカは

こう言う提案をしたのでしょう?

 
それは、ベトナム戦争で
アメリカが行った

自然破壊に対する国際的非難を

クジラでかわすという政治的判断であったと言います。

 

科学的根拠があれば、納得できますが・・・

 

ミンククジラの捕鯨禁止については

国際捕鯨委員会の科学小委員会でさえ

科学的根拠が無いとしています。

南氷洋だけで、1970代始め:7万頭→1990年頃31万頭

 

しかしながら、絶滅が危ぶまれる

シロナガスクジラなどの回復は思わしくありません。

 

しかも、その原因の一つがミンククジラで、

ミンククジラの増加が

絶滅が危ぶまれるクジラの増加を

妨げていると言う可能性も大きいといいます。

 

それだけでは有りません。

 

7,8年前くらいから、

日本近海産の鰯の値段が

徐々に高くなったのをご存知でしょうか?

 

3年前くらいから

日本近海産の

秋刀魚の値段が上がったのを覚えていますか?

 

一因として日本近海に出没する

ミンククジラが上がっています。

 

北海道沖では

漁船が照明でサンマを集めると、

クジラがやってきて食べてしまうんだそうです。

 

日本の太平洋側だけで推定数2万5千頭。

 

以前はマイワシを食べていたのが、

マイワシが減少しているので

サンマを食べているようです。

スケトウダラを食べているとの報告もあります。

 

海洋汚染で

クジラの胃の中からビニール等の異物の発見も

多くなっていますし、

化学物質の影響も調べる必要があります。

 

しかし、アメリカでは海獣保護法(1972年)で

クジラに触ることさえ法律違反と言う事で、

実態把握のための発信機取り付けさえ

手続きが大変といいます。

 

良識ある科学者は、

このような現状では天然資源を損なわれ

逆に環境が保護できないとしています。 

 

僕は考えます。

 

本当に、放って置くのが正しいのでしょうか?

人間が、クジラの数のバランスを壊さず、

環境を汚染してない状況下では正しいのでしょうが、

これだけ乱獲をし、

環境を汚染してしまった現状下での放置は、

将来に深刻な問題を生じる可能性が充分考えられます。

 

大体、僕がこんなこと知ってるくらいですから

グリーンピースの人間も世界中の誰でも

これくらいは知っているんでしょう?

 

だったら、すぐに調査すればいいのに・・・・・

 

政治の世界の責任を・・・・・・・

 

ちなみにゴジラの名前の由来は、

ゴリラとクジラを合わせて作られたと言われています。

 

また、鯨の潮吹きは鼻孔から出す空気が、

空中で急に冷やされるため水蒸気が凝結して白く

見えるのです。決して潮を吹いているのでは、ないんです。

 

そして、鯨の祖先はカバの仲間に近い動物だったと、

最近、長い論争に決着がついたようです。

 

今日は役に立ちましたか?

役に立ったと思う方は

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (8)

2006年5月22日 (月)

貝のオス・メスの見分けかた

貝類の美味しい季節ですね。 

 

サザエにあわび、あげまき貝にアサリなど

春から夏にかけてのこの時期は

貝類がとても美味しい季節になります。

 

また、はまぐりは夫婦愛のシンボルとも呼ばれ

二枚貝のなかでも、

蛤の貝殻は模様や大きさ形がすべて

微妙に異なり

同じ貝殻どうしでないとピッタリと合いません。

そのようなことから、夫婦愛のシンボルとされ、

結婚式の引き出物に使われたり、

雛祭りの料理に使われます。

 

ところで、貝にもオス・メスが有るのをご存知でしたか?

 

「え?」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

以外に皆さんも目にしたことがあるはずです。

 

例えばサザエ。

サザエそのものを見ただけでは、

見分けるのは無理です。

貝殻を割るか、

さざえの身を取り出さなければわかりません。

 

さざえの「わた」と呼ばれる

下の写真を見ればわかるのですが

殻の中に渦巻いているものがあるでしょう。

あれが「暗緑色」したのがメス

「白っぽい」のがオスなんです。

(写真は借り物です)

Sazae200412osu

 

 

 

 

 

 

  Sazae200417mesu1

 

 

 

 

 

 

 

覚えにくいという方には

こんな方法がお薦めです。

  

腹黒いのはメス。単純なのはオス。

まあ、非常に言いにくいことですが

・・・・・人間界にも当てはまることですね。

 

「いやいや、私は違うわよ」

と言っている貴女!!

 

そんな貴女こそが最も当てはまるのですよ!!

 

「いいえ!!私は絶対に違います」

 

まあ、そうおっしゃる方の気持ちが

分からないでも有りません。

 

たった、サザエ一つ見ただけで

メスが腹黒いといわれれば

それは納得も出来ないでしょう。

 

分かりました。

それでは他も見てみましょう。

 

もし、この結果が黒っぽいのがメスで

白っぽいのがオスだったら・・・・・・・・

そのときは諦めてください!!!

 

そんな貴女にうってつけなのが

高級食材のアワビ。

 

アワビはオスメス異体生物ですが、

身の色で判断する事は出来ず、

キモの色で判別しなければなりません。

この辺りは、

さっきのサザエと一緒ですね

 

そして、気になる肝の色は

オスは茶っぽい白・・・・・

そして、メスは深緑と黒を足したような色です!!  

 

さあ、どうですか!!

 

「もう、参りました。」

という方。

 

今日は、このまま続きを読まずに

帰って下さい。

 

もし、ここまで言っても信じないという貴女。

そんな貴女だけは続きを読んでください。

しかし、その時貴女は身をもって・・・・

 

おっと、口がすべるところだった。

 

まあ、良いでしょう。

続けましょう。

 

ムール貝!!

 

南はニュージーランド

西はベルギーなどの地中海沿岸で

よく取れる貝で、イタリア料理ではよく見かける食材です。

 

もし、この貝までもが同じなら・・・・・

 

その時は、

世界共通でメスは腹黒いということになります!!

 

 

では、気になる結果は・・・・・

オスは、やはり 白!!

 

そして・・・・・・・・・

メスは・・・・・・

暗赤色!!

 

 

出ました。

さあ、これでも違うといいますか?

 

あれ?

さっきまでの威勢はどこへ行ったんですか?

 

ふふふ^^

まあ、良いでしょう。

今日はあまり追い詰めないようにしましょう。

 

でも

でもね

 

最後まで読んでいる貴女!!

僕を信用せずに、

最後まで読んでしまった貴女こそが

 

最も腹黒いということを

身をもって証明しているんです!!

 

さあ、そんな腹黒い貴女!!

自己申告です。

正直に、下のバナーをクリックしなさい。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

 

これで、貝類の肝の見分け方は

一生忘れることは無いはずです・・・・・・・

 

 

| | コメント (9)

2006年5月12日 (金)

韓国の奇跡

韓国を代表する料理といえばやはりキムチ

 

赤唐辛子は韓国の代表選手ですが

 

実は韓国の古い文献では「倭辛子」と書いてあります。

 

実は・・・

 

実は・・・

 

韓国の赤唐辛子は

日本からの輸入物だったとは!!!!!

 

みなさんこんばんは

きょうは久々に料理ブログらしい話です。

じゃあ、早速行ってみましょう。

 

 

唐辛子の起源ははるかに昔、

南米のネイティブの人たちによって

数世紀もの間栽培されていたそうです。

 

かつて“アヒ”と呼ばれていた唐辛子は

15世紀末、新大陸を発見した

コロンブスと共に海を渡り、

初めてヨーロッパに紹介されたとか。

 

日本への渡来説は諸説入り乱れてあり、

16世紀中頃に種子島に漂着した『南蛮渡来説』、

16世紀終り頃の朝鮮出兵から

加藤清正が持ち帰ったという『朝鮮渡来説』が有名です。

 

まあ、二つの説から

16世紀に伝わったと言うことに間違いはなさそう。 

では、何処から?ということですが

 

僕らの感覚から言えばキムチを連想する

朝鮮半島から日本のほうが自然です。

 

しかし、朝鮮半島では「日本から伝わった」

という記述が多く“倭辛子”とも呼ばれていたそうです。

 

実際にキムチの歴史など見てみると、

日本→朝鮮半島のようです。

 

肉食やキムチがどんどん進化しつつあった

韓国では日本から伝わった唐辛子が

積極的に取り入れられ、

やがて日本に逆輸入されたという説が納得できます。

 

と言うことは、ヨーロッパからダイレクトに

入ってきたと言うことで良いみたいですね。

 

では、何故唐辛子と呼ぶのでしょうか?

 

唐といえば・・・・・・・・遣唐使。

 

じゃあ、中国からじゃないの?

と言いたいところですが

中国に唐辛子が伝わったのは17世紀前半。

 

唐ではなく明の時代で、

日本への渡来の方が先だったようです。

 

では、なぜ「唐辛子」?と言う疑問ですが

 

調べました・・・・

調べましたが・・・・・

 

分かりません。。。。。。。。。。。

 

誰か教えてください。。。。。。。。。

 

ちなみに僕がすきなのはチャンジャ。

タラの内臓をキムチにしたものなのですが

これがうまい!!

塩分が結構きいていますが

塩は実はノンカロリーなんです。

 

話をそらしてしまいました・・・ごめんちゃーーい。

 

そうそう、韓国のはしはほとんど金属製です。

 

それは何故でしょうか?

3択で答えてくださいね。

正解すると、前回同様正解ページに飛びます。

 

① 毒殺されないようにするため

   (毒と金属の化学反応で見破ったという) 

② 木の資源が少なかった

③ 漆(うるし)の技術が無かったため 

   (割り箸状態だと、すぐに悪くなるからもったいない)

 

さあ、どれでしょう。

正解した人も、間違った人も

唐辛子の名前の由来をご存知の方は

宗右衛門までご一報。

よろしくお願いします。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

 

 

| | コメント (3)

2006年5月 9日 (火)

カップルの壮絶な死合! 2

 

席に戻ってきた男性。

 

僕達は、さも仕事をしています

と言う風に装います。

 

そもそも、この男性ですが

正直そこまで男前には見えません。

女性は結構綺麗な方では無いでしょうか。

 

だからこそ、

そのありえない展開に

僕達は固唾を呑んで見守ります。

 

それが、どんなありきたりな台詞だろうと

いや

ありきたりな台詞であればあるほど

僕達のテンションもまた天井知らずに

上がっていくのです。

 

ここで、申し上げておきますが

不倫は当然いけないことです。

しかしながら、

僕達の目の前で起きている

現実にに対して

目を背けるわけには行きません。

 

踊る大捜査線風に言えば

事件は居酒屋で起きてるんだ!!

と言うことです 

 

僕達に聞かれている自覚がないからか、

酔いが回っているせいか、

彼女はだんだんとヒートアップしていきます。

 

 

そして、ただただ黙って聞いている彼に対し

怒りを感じたのか

やるせなさを感じたのか

チョット泣き出してしまいます。

 

男性は、あたふたします。

さすがに目の前の僕らも

チラリと目が合ってしまいます。

 

副店長は

さすがにあからさまだと思ったのか

チョット場を離れます。

  

この辺りから、彼の酒のペースがいきなり上がります。

目の前の現実を避けるように

ひたすら飲んでいます。

 

少し落ち着いた彼女。

酒の力を借りながらも吐き続ける

彼女の言葉はボディーブローのように

じわりじわりと彼を追い詰めます。

 

 「あなたと付き合い始めて、逆に寂しくなった」

 とか

 「友達にも相談できないし、あなたは家族があるし、

  私は結局一人ぼっち」

 とか

 「あたしはあなたの何なの?」

 

現実は小説よりも奇なりとは

よく言った言葉ですが、

今まさに目の前で繰り広げられる愛憎劇に、

僕は始めこそ興味深々だったものの

徐々に彼女に同情をしてしまいます。

 

考えてみれば

彼女はただ純粋に彼を好きなだけなのです。

女性に非はありません。

 

 

そして、そのときはやってきました

 

 

彼女に対しポツリとつぶやく彼。

神妙な面持ちで、こういいます。 

 

男性 「すまない。

     悪いのは俺だよな。

     もう、もう・・・・・・・・・・別れ・・・」

 

   その瞬間、彼女の声が響きます。

  

彼女 「イヤ!!!!!

    絶対に別れない!!

     

一瞬の出来事でした。

そして、こんなとき

テレビで見る光景では

彼女が彼に抱きつき

「ごめんなさい、もうわがまま言わないから・・・・」

と言う台詞だったはずです。

 

そして、最終的にハッピーエンド。

ハッピーなのかどうかは別として

昼ドラならばこうあるべきでした。

 

しかし、しかしです

彼の言葉をさえぎったかと思った瞬間

 

  

  「ガツンッ!!!」

   

 

という鈍い音が響き渡りました。

彼女の右手が・・・・

硬く握り締められた拳が・・・・・

 

彼の顔面をクリーンヒットしたのです!!!

 

彼は、

 

  「おごっ!!

 

と声にならない声を漏らし

鼻を押さえながら

何が起こったんだといわんばかりに

呆然としています。

 

あっけにとられる僕達。

開いた口がふさがらないとはこのことです。

 

 

現実は、ドラマよりドラマティックです。

 

夜の世界にはじめて足を踏み入れて

三ヶ月のあの日。

僕は昼ドラと吉本新喜劇を

足して2で割った様な

この光景に酒を飲まずとも酔いしれることが出来ました。

 

一体、あの後

彼と彼女はどうなったのでしょうか?

気になるその後の関係は・・・・・・

 

① 浮気がばれて、彼女も去った

② 浮気はばれずに、彼女が去った

③ 浮気もばれずに、彼女も残った

 

さあ、どれでしょう?

正解番号をクリックするとその後の

彼らの関係が分かりますよ^^

 

では、また

 

 

| | コメント (3)