2006年5月20日 (土)

家でも出来る、美味しいステーキの焼き方!!

 

皆さんはシャトーブリオンという物を

ご存知でしょうか?

 

ちなみにワインではありません。

ワインではシャトー・オー・ブリオンという

5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトーで

有名な名前ですが 

さて、何でしょう?

 

これが分かった方は結構な食通ですね。

 

 

さて、気になる答えは写真でどうぞ

 Hire_1

 

 

 

 

 

 

 

そう、ヒレ肉のことなのです。

しかし、わざわざシャトーブリオンなんていう

名前がついているくらいですから

普通のヒレ肉ではありません。

 

なんと

ヒレ肉の中でも

1頭からわずか500gくらいしか取れない

ヒレ肉の中心部分のことです。 

 

まさにキング・オブ・ヒレニクです。

ちなみに写真はウチで取り扱っているヒレ肉ですが

これは、もう

ものすごい柔らかさです。

 

今日はせっかくの週末の夜なので

皆さんにもこの美味しさを味わって頂きたいと思い

実際にステーキにしている写真を使って

家庭でも出来る

美味しいヒレ肉の焼き方を

お教えしましょう。 

 

一番のポイントは火力とタイミングです。

 

まず、両面に塩・コショウを軽く振ります。

ダイショーの味塩コショウではなく

塩と胡椒でやってみましょう。

 

後は焼くだけですが、本来

プロが焼くときは

火力が強いガスコンロで厚めの鉄板を用います。

これは、一瞬で肉の旨みを閉じ込めることが出来、

かつ無駄に肉汁を出さないためなのです。

 

しかし、家庭用のガスは火力も弱く、フライパンで

焼くことがほとんどです。

 

「それならウチでは無理だわーーー」

 

という貴女!!

わが宗右衛門はそんな家庭の主婦の味方です!!

 

では早速お教えいたしましょう。

 

まず、フライパンから煙が出るくらいまで

温めます。そして、サラダ脂ではなく

牛脂を軽くフライパンに塗ります。

 

そしてフライパンの中心に肉を乗せます。Hire_2

 

 

 

 

 

 

勿論煙がもうもうと立ち込めますが

ここでひるんではいけません。

 

まずは片面を10秒~15秒程度焼きます。

そして、火を最大にしたまま

フライパンの中心から少し横の空いたスペースに

ヒレ肉をひっくり返します。

これは、フライパンの中心部の温度が

ヒレ肉を焼く事で、若干下がっているため

空いたスペースのアツアツの部分を

使うということです。

 

Hire_3

 

 

 

 

 

 

 

そして、火力が強いまま

写真くらいまで焼きます。

 

もう、これだけです。

写真ではミディアムレアに仕上げてますが

もし、ミディアムやウェルダンが好きだと言う方は

写真くらいまで焼けた後、火を一気に弱めて

上からアルミホイルをして

蒸し焼きにする感じで

中まで火を通してください。

 

そして、これが大事ですが

いくら上手に焼いても

冷めてしまっては、どんなに良い肉も

美味しくなくなります。

 

だから、良い肉を焼くときは

まず、お父さんもお爺ちゃんもお兄ちゃんもお姉ちゃんも

テーブルに正座させて

右手に箸、左手には皿を持たせて

待機させます。

 

もし、ここでグダグダいう人が居たら

ケツを蹴っ飛ばしてやります!!

 

「おりゃ~~、ゴチャゴチャ言わんで

 座らんか~~~。

 ほら、正座正座。

 ひれ肉様に対して、敬意を表せ!!」

 

と言います。

しかし、あまり調子に乗っていると

うまく焼けなかった時に

調子が悪いので

自信が無い人は

このときばかりはダイエットを中断して

まずは一人で試しに作って

こっそり食べます。

 

さあ、皆さん

百聞は一見にしかず

近くのスーパーに行って

肉屋さんに、

「あら、アナタ・・・・・・ワタシにシャトーブリオンを

 下さるかしら?オホホホホ。」

 

と言ってみましょう。

うまく焼けた人も、焼けなかった人も

参考になった方は

一日一回クリックお願いします。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

ちなみに、最近週末限定でワンセット限り

シャトーブリオンをヤフーオークションに

出品してますのでご覧になってはいかがですか?

 

今日の担当は商売上手な店長でした。

明日からはいつもの石原君に戻ります^^

ではでは 

 

| | コメント (10)