« 50年前 | トップページ | カップルの壮絶な死合! »

2006年5月 5日 (金)

友との約束

鬼塚喜八郎さんと言う人をご存知ですか?

 

現在87歳の喜八郎さんは

今では少なくなった

戦争体験者の一人。 

 

出身は鳥取県で

旧姓は坂口だったのですが

終戦後のある出来事をきっかけに、

神戸に移り住み

姓を鬼塚に改めることになります。

 

 

終戦当時、坂口喜八郎だった彼は

復員して間もない昭和二十一年の正月、

島根県の実家で一通の手紙を受け取ります。

 

差出人は神戸の老夫婦。

 

勿論、喜八郎さんには心当たりがありました。

この老夫婦、実は戦死した戦友

鬼塚君の両親だったからです。

 

喜八郎さんは異国の戦地で

親友の鬼塚君と約束を交わしていました。

 

「もし、お前がここで死んで、

俺が生きて帰ることになったら

お前の両親の面倒を必ずみてやる」、と・・・

 

つまり、喜八郎さんに届いた手紙とは

鬼塚君の両親からの

”お願い”と言うべきものだったのです。

 

終戦まだ間もなく、その傷跡も深いころ。

どうやって生きていけばいいのか、

誰もが途方に暮れていたとき。

 

実の家族の

明日の食べ物すらなかった時代に

戦友の親を養うという馬鹿げた話。

 

 「そんなこと、できるはずがない」

 と親兄弟は猛反対。

 

しかし、喜八郎さんは

 「約束は守らないといけない」

と鳥取から神戸へ。

 

そして、自分の決心を鈍らせないために

鬼塚夫妻の養子となり

鬼塚喜八郎となりました。

 

 

鬼塚の家もけっして裕福な家ではありません。

借家暮らしの平凡な庶民の家です。

そして、年老いた両親は年金生活…。

 

会社勤めをしながら

鬼塚家での共同生活が始まりました。

給料は全部鬼塚の家に入れました。

 

それでも、喜八郎さんは

文句一つ言わず

ただひたすらに働きます

 

今では港町として栄える神戸も

当時はまだまだ未発展の地。

戦後の神戸は、

怪しげなパンパンガールや

不良少年(少女)がたむろしていた時代。

 

「この子どもたちが運動靴を履いて

 元気に野原を走り、

 笑顔を取り戻してくれたら…」

  

喜八郎さんはそんな願いを込めて

友人の、いや、今は自分の

名前を記し

「オニツカタイガー」と命名された

運動靴を作り始めます。

 

雨の日も、風の日も

来る日も来る日も

一生懸命に

作り続けます。

 

死んだ戦友との約束を守るため

 

そして、育ててくれた家族に報いるため

 

金儲けではなくみんなの希望のために

 

だからと言って、現実は

そう簡単にうまくはいきません。

資金繰りに困ったことも…。

 

しかし、夢を語る鬼塚さんの

誠意、情熱が認められ、

事業は成功したそうです。

 

当時の庶民の人たちに

現代に生きる僕達に

夢と希望を与えてくれた

鬼塚さん。

 

筋を通し

どんなつらいときも

どんな孤独なときも

常に明るく

未来のために働き続けた男の背中が

僕らに語りかけるものは何でしょうか?

  

男が吐いた言葉の重みは

覚悟の表れなのです。

 

 

鬼塚喜八郎

  

誰もが知る

世界5大スポーツ用品

メーカーの一つ

”アシックス”の創業者です。

Banner2_5男気を感じた人はココをクリック

 

|

« 50年前 | トップページ | カップルの壮絶な死合! »

コメント

お久しぶりです。
少し、ご無沙汰していました。

さて、約束を守ること、覚悟をきめること。。。
言葉では簡単です。
実行するのはなかなか難しいことです。
軽い気持ちで約束したりしますが
やっぱり出来ないや〜
なんてこれまた簡単に約束やぶったり、やぶられたり。。。
約束するのは覚悟がいることですよね。
なかなか難しいことですが。。。

投稿: わさび | 2006年5月 5日 (金) 午後 10時49分

おじゃまします!
ここのところ、社会派の記事で、コメント難しかったです。でも、ポチッは日課です。約束を守る事は難しい。だから、あまり約束をしないように消極的にい生きてます。そして、継続する事はもっと難しい。最後までやりとげた人は、他のことでも貫き通し、成功も勝ち取れるのですね。
(`´)シャキッ
少し、顔文字勉強しました。
(o^^o)エヘヘ
・・・ではまた・・・

投稿: ろろまる | 2006年5月 6日 (土) 午前 12時05分

こんにちは。
凄いお話ですね~。良い話が聞けて得した気分です。ありがとうございました。しかしそれだけ戦友と深い絆で結ばれていたという事でしょうね~。現在の平和な世の中ではそれだけの親友を持つのはとても難しいことですよね。私もASICS TIGERを履いて育ちましたが、この話を聞いてアシックスへ愛着がさらに大きくなりました(笑)男気を感じたのでポチっときました。ではまたお邪魔します。

投稿: panic | 2006年5月 6日 (土) 午後 02時13分

コメントありがとうございます。
>わさびさん 
 
 僕も約束したのは良いものの
 事の重大さに後で気づく事が多々あります。
 
 ぁぁ、あんな約束しなきゃよかった。
 そう思ったりもするのですが
 鬼塚さんに少しでも近づけるように
 頑張りたいと思います。
 
>ろろまるさん
 
 いつも応援ありがとうございます。
 社会派の投稿もなかなかいいものです。
 書きながら自分を見つめなおせますから^^
 明日の更新は
 チョイと変わった趣向でお楽しみ下さい。
 
>panicさん
 
 コメントありがとうございます。
 アシックスタイガー派ですね。
 僕も中学のときはアシックスタイガーでした。
 ブログにお邪魔しますので
 よろしくお願いしますね^^

投稿: 宗右衛門より | 2006年5月 6日 (土) 午後 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50年前 | トップページ | カップルの壮絶な死合! »