« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

江戸時代の豆腐はスゴイ!!

豆腐に付いてのウンチクです。

そもそも豆腐は豆が腐ると書きますが、何故か知って

ますか?

僕も最初は、納豆の方がむしろ豆腐という漢字に

当てはまるだろうと思ってましたが、どうも違うようです。

そもそも豆腐は遣唐使の時代に中国から日本に伝わった

とされています。(実際の文献が残っていないため推定)

そのため中国語の腐(ふわふわしたものを指す)をそのまま

使用して、豆腐になったようです。

そんな豆腐歴史の中でも、豆腐が一躍庶民に親しまれる

ようになったのは江戸時代のことで、醒狂道人と言う人が

天明2年(1782)、江戸時代後期に書いた豆腐の料理本

『豆腐百珍』が大ベストセラーになったのがきっかけ

だったのです。

Photo_5

もちろん、コピー機など無い時代です。

ベストセラーと言えど数は知れています。でも、確実に

庶民に広まり、定着していったそうです。

ちなみに、豆腐百珍にはどんな事が書かれているのかといえば

「豆腐百珍」には、100品が解説されていて、面白いことに6段階

に分類されている。尋常品26品、通品10品、佳品20品、

奇品19品、妙品18品、絶品7品といった選定。

 

さっと目を通すと、物凄く面白い。

先ず、冒頭に誰もが知っている豆腐の田楽。

しかしそのすぐ後に、とんでもない品目が登場するからだ。

          結び豆腐   である。

 
 良く見ると ぶっかけうどん豆腐もある。

『オイオイ』と突っ込みたくなるところをグッとこらえ

読んでみる。

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

 豆腐を「結ぶ」   それだけ。

以前中国の旅番組で結んだ豆腐が露天に売って

あるのを見た事がある。どうやって締めるのだろうか?

もちろん、今の豆腐でこんなことができるとは思えない。

  江戸時代の天明年間の豆腐では、このような料理が

作れたのである。どうしてここまで変わったかは、自明である。

 豆腐作りの職人達が、水脹れ豆腐の技術を磨いたから。

同じ量の大豆で、如何に多くの豆腐を作るかに努力が

注がれた訳だ。大豆臭が薄く、柔らかくて口当たりが良い

豆腐が上品なものとされたのである。生産者にとっても

コストメリットがあるから、この流れはずっと続いている。

 この後も、今流行のおぼろ豆腐や山椒を効かせた

小竹葉(おざさ)豆腐、果ては豆腐雑炊のような

うずめ飯まで合計100品。

正直、無理やり作った商品が

            あるのも事実

でも、その発想力やすばらしいと思う。最近では

ヘルシーブームに乗って、豆腐が随分メジャーな

料理になってきているようだが、良いことだと思う。

ただし、水を飲んでも太っているような気がする

僕の体重が減る気配は無い・・・・・・・

では、また

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月29日 (水)

肉じゃがの秘密

『サルも木から落ちる』

日本人なら誰でも知ってることわざです。

今日は久々に皆に手料理を振舞いました。

良い素材がたくさんあったので。

さあ、僕は何を作ったのでしょう?

材料はこれ

 佐賀牛のサーロインの端っこ    1kg

  実家から送られてきた玉ねぎ   3個

   熊本県、阿蘇の有機人参    4本

    北海道のジャガイモ (中)  20個

そう、みなさんおなじみの肉じゃがを豪華版で

食べようと張り切っていました。

先日、イシバシレシピ(とんねるずの貴さんの番組)

で見て、作りたくなったのです。

まず、鍋を温めて、表面が軽く焦げるくらい肉を炒める。

次に、料理酒   100cc

    赤ワイン  100cc

    ビール    500cc

    砂糖     大さじ5(75cc)

    薄口醤油   50cc

    濃口醤油   80cc

    かつおだし  150cc

を入れて、約40分間コトコト煮込む。

次に、乱切りにした人参、丸く切ったジャガイモ

半分に切った玉ねぎを入れ、さらに40分煮込むと完成

本来ならば、肉を入れ40分煮込み

次にジャガイモを入れて40分煮込む。

そして人参を入れて40分煮込み

最後に玉ねぎを入れて5分間煮込む(50分ではない)

味を調えて、完成。になるのだけれど

時間が無かったので、チョット省きました。

味は我ながら完璧。

出来上がった肉じゃがを自信満々に皆に見せます。

 

 僕  『出来たよー。旨そうでしょ?』

 皆  『おおーーーー!!旨そうやん。早く食べよう。』

 熱々のご飯に、出来立ての肉じゃが。

花粉症の上に、玉ねぎで目をやられた僕は顔を洗って、

さあ、食べようと振り返ったその時

『あーーーーーー!!!!』

という叫び声が聞こえました。

何がおきたのか分からない僕は、近づいて尋ねます。

『え?何?どうしたの?』

すると、お皿に盛られた肉じゃがを指差し、声にならない

声で、こう言ったのです。

『肉、肉、肉は有るけど・・・・・・・・

   ジャガイモが無い!!!!!』

『えーーーーーー!!!』

そんな馬鹿な、と思い皿に盛られたモノを見ます。

2006328_003

目の錯覚かと思いましたが、確かに有りません。

そして、気が動転しながらも作った手順を思い出します。

今日の昼前に確かに準備したジャガイモ。今日のブログで

書こうと思っていたので、わざわざ写真にも取っていました。2006328_005

そう、これです 。このジャガイモです。

しかし、次の瞬間、見つけてしまったのです。

まな板の上に・・・・・・

『があああああん!!!』

せっかくなので並べましたよ・・・・・2006328_004

かの日露戦争で活躍した東郷平八郎氏が

イギリス、ポーツマス留学時に食べていたビーフ

シチューを再現させるために、作ってもらったのが

始まりと言われている『肉じゃが』。

しかし、これは紛れも無い『肉にんじん』いや『肉たまねぎ』

略して『肉たま』ですね。

皆さんはこんな経験ありませんか?

『あるある』と言う人は、

Banner2_5←をクリックしてください

人気お笑いコンビ『レギュラー』のあるある探検隊

で使って欲しいネタだなあと思う、今日この頃です。

では、また

| | コメント (2) | トラックバック (119)

2006年3月27日 (月)

母ちゃんの おむすび

桜の季節になりましたね。

曇り空だったのですが、つぼみばかりの桜の中に何故か

一本だけ満開になっている桜を見つけ、ついつい

撮ってしまいました。

2006326_001

何を隠そう高校時代、登山部に所属していた僕は、

登山解禁の春になるとこう叫んでいました。

『山が俺を呼んでいる!!』

もちろん、そんじょそこらの山ではありません。

標高は1000メートル以上。

道は険しく、道ならぬ道を登るような山こそが

バイオレンスな僕虜にしてやまない山と呼べるのです。

こんな僕を虜にする登山にも、やはりきっかけがありました。

あれは小学校時代。

遠足と言えば、皆決まって

『せんせーーーい。バナナはおやつに入るのですか?』

『せんせーーーい。おやつは幾らまでですか?』

などと、お決まりの台詞ばかりを言うのですが

もちろん僕は違います。

『せんせい。遭難用の非常食は必要ですか?』

なんて、おませな僕。

常に最悪の場合を想定している冷静さに先生も脱帽です。

まあ、それは嘘ですが、遠足のときに食べた

あのおにぎりの美味しさ。あれが、僕を登山の道へ

誘ったといっても過言ではありません。

空に広がる青空と、心地よい風

一人のオトコとして、山を登りきった後に食う

アルミホイルに包まれた、飾り気の無いおにぎりこそが

お金には変えることの出来ない僕の宝物でした。

あれから20年が経ち、そんな些細な感動も仕事に追われ

時間に追われているうちに、忘れてしまいます。

嬉しそうにほおばる姿を思い浮かべながら

母ちゃんが握ってくれた、おにぎり

今思えば、遠足のおにぎりの美味しさの半分は

母ちゃんの優しさの味だったのかもしれません。

昨日見た、楽しそうに遠足を楽しむ子供たちの姿が

僕の中に眠っていた食べる楽しさや

青空に包まれた自然の中で食べる素朴な

しかしいつまでも心のどこかにしまっておきたい

宝物のような思い出をふと、よみがえらせてくれました。

花見や遠足、ピクニックの季節です。

もし、出かける機会があったら、どんなに形が悪くても

構いません。手作りのおにぎりを作って出かけてください。

きっと、子供たちはコンビニのおにぎりでは

買えない、優しい思い出を作ってくれますから。

では、また

楽しい思い出に一票、おねがいします。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

 

| | コメント (123) | トラックバック (94)

2006年3月26日 (日)

さよなら・さよなら・・・さよなら

淀川長治ばりの題名ですいません

3日ぶりの更新ですが、皆さんお元気ですか?

女性に大人気ブログを書いている石原です

どうしてもブログ用のデジカメが欲しかったので

店長に頼んで買ってもらいました。

どうせ店の経費だし、高いものを・・・・・・

いやいや、性能の良いものをと思い、最新型のキャノン IXY を

買ってきました(4万円位したのは内緒です)

にしても、最近のデジカメは凄い事になってます。

あまりの凄さに、ついつい口ずさんでしまうくらいです。

  簡単綺麗で取りやすい

     小さくスムーズコンパクト

        あんまり取るのに夢中になって

                ブログを書くのを忘れてた

        最後にオチがつくのはご愛嬌です。

ところで最近は引越しシーズンで、週末になるとあちこちで

そういった光景を目にしますが、僕も昨日デジカメ片手に

送別会に参加してきました。

以前修行していた店のアルバイトの女の子が

東京の専門学校に行くというので最後の挨拶にいってきました。

元々は、学費を稼ぐためにアルバイトで入ったのですが

最近の若いやつにしては、骨のある子で

わがままで東京に行くのだから、親には迷惑はかけられないと

2年間毎日頑張って学費をためていました。

あるときは 風邪を引いているのを隠して笑顔で接客し

またあるときは、一生懸命がゆえに言い合いになる事も

そんな彼女だからこそ、別れはヤッパリ寂しいものです。

まだまだ頼りない20歳の女の子。わが子を送り出す

親の心境ではありませんが、やはり心配にもなります。

『ひとりで生活できるかな?』

     『東京で友達できるかな?』

そんな僕らの心配をよそに、彼女の顔は期待に満ちています。

東京に行ったら、あれ買って、これ買ってと引っ越した後の家の

小道具を買うのが楽しみだという彼女。

どうせ最後だからと、東京に行く気合いを体で表現して

もらおうと、景気づけに彼女の大好きな猪木の掛け声で

閉めることにしました。

『よおし、いくぞーーー』

『イーーーチ』

『ニーーーィ

『サーーーン』

『ダァァァァ!!!!!!!』

Photo_4

あなたなら大丈夫ですよ

   心配した僕が馬鹿でした・・・・・

東京でも頑張ってね。2年間有難う。

皆さんも、ご一緒に気合をクリックで表現してみてください。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

では、また

| | コメント (5) | トラックバック (31)

2006年3月23日 (木)

クエとハタの違い

昨日のブログを見て早速試した皆さん

ご飯は美味しく炊けましたか?

僕はと言うと、昨日あれだけ偉そうなことを言っておきながら、

失敗しました。おこげで済めば、まだよかったのですが

出来たご飯はまるで消し炭

言い訳のしようもありません。

何がいけなかったのかと言えば、昨日は横着をして

テレビを見ながらご飯を作ってしまいました。

あまりに面白かったので、夢中になってみていると

気付いたときには手遅れに・・・・・・

黒いご飯の上に備長炭が浮いている

写真にとって見せたいくらいでした。

昨日の失敗を生かすためにも、今日は初心に帰りたいと思います。

さて、昨日のコメントで『ハタとクエはどう違うのか?』と言う

質問が寄せられました。(itamaesan有難う)

任せてください

僕は、期待にこたえる漢です。そう、漢字の漢と書いて

オトコと読む、男の中の男に与えられる称号をほしいままにする、

北斗のケンの『ケンシロウ』のごときオトコです。

長い前フリはさておき、お答えします。

クエとハタ(マハタ)はどちらもハタ科の大型魚で、

見た目もよく似ているので一目で見分けるのは簡単ではありません。

この写真では、随分違う魚のような気がしますが、ハタは大きくなると

縞模様が薄れてしまいますので見分けにくくなります。

クエは細長く、ハタはずんぐりしているのが特徴です。

クエ(九州ではアラと呼ぶ)

Photo_1

ハタ(マハタ)

Mahata_1

また、ハタは北海道南部からほぼ全国的に見られますが、

クエが取れるのは九州・四国などの南日本に限られます。

ハタの旬は夏場ですが、クエは冬が食べ頃と、旬の時期は正反対。

実際に食べ比べてみても、どちらも大型魚なのでよく脂がのり、

味にもそれほど差はありません。

しかしハタは小型のものでも脂が強く、

大型になるほど脂が多くなってゆくクエと対照的です。

つまり、夏はハタ   冬はクエ  と覚えるのが良いと思います。

と言ったところですね。

皆さんも、身近にある料理の質問や貰ったけれど

調理できなかったものなど、どんな質問でも

親切丁寧にお答えします。漢の称号の名にかけて。

では、また

 一日一回クリックしてね

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2006年3月21日 (火)

旨すぎる!土鍋で炊くご飯 2

それではレシピです。

あまり詳しすぎると、面倒に感じられるかもしれないので

大事なポイントを書きます。

1:お米の分量を正確に量る

  一合は180ccです。

        

2:冷水で素早く研ぐ

  米は水を吸収しやすいので、最初はヌカを洗い落とすつもりで

  ボールにたっぷりの水をはり、米を入れる。

  (必ず水で研ぐ事、寒くてもお湯はダメ)

  手早く2~3回かき回して、すぐに水を捨てる。

  ただし、研ぐと言っても、ゴシゴシ研いではいけません。

  僕は、拝み洗い(仏様に手を合わせるようにして擦り合わせる)

  で、 軽くこすりながら洗います。

  水がきれいになるまで何回も水を替えます。(黄ばみ、匂い防止)

 

3:お米を水から上げ、水を量る

  研ぎ終わったお米を素早くざるに取り水を切り、お釜に入れます。

  本来なら、乾き過ぎない程度に30分ほどザルに上げて

  おいた方が良いです。

  水を量ります

  新米(今の時期) 米一合に対して、水は1.2合分(216cc)

  古米の場合    米一合に対して、水は1.25合分(約224cc)

   さて、ここからが本番です

4:土鍋に水、米、備長炭(10cmくらい1本)、塩を3合に対して

  小さじ半分くらい入れます。

  そして、ありったけの愛情と気合を入れます

5:蓋をして、火にかけます。最初は強火で、沸騰したら吹きこぼれ

  ない程度の中火にし5~10分、次に弱火にして約15分炊き、

  再び一瞬強火にして水分をとばし、火を止めて10分間蒸らす。

  この間蓋を開けないこと 我慢です

   以上、これだけです。永久保存版です。

     

上手く出来た人も、出来なかった人も、とりあえず

 一日一回クリックしてね

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (5) | トラックバック (12)

旨すぎる!土鍋で炊くご飯

始めチョロチョロ、中パッパ

    プープー吹いたら火を止めて

           赤子泣くとも蓋取るな

今日は久々に、料理の話です。

ご飯を食べる事が、趣味でもあり仕事でもある

僕としては、事 白飯に関してはこだわりがあります。

まず、水はもちろん天然水(山の湧き水)である事

次に、釜は伊賀焼きの土鍋

     若しくは南部鉄の羽釜である事

最後に、一つまみの天然塩

            大きな愛情を注ぐ事!!

毎日、家でご飯を食べるときは必ずこうします。

電気炊飯器の方が便利だという人も多いのですが

電気炊飯器は、時間が掛かる上に、出来上がりがボケてる

ので使いません。

土鍋か羽釜だと3合炊きで蒸らし終わるまで30分で出来ます。

飯を炊きながらおかずの準備をすれば、めんどくさくもないし

良いものです。

もちろん、薪と釜で炊いたものには負けますが

とても美味しい『ふっくらご飯』が出来上がります。

とは言ったものの、問題は炊き方です。

いくら愛情を注ごうとも、炊き方を間違えれば

単なるありがた迷惑

でしかありません。

と言う事で、これを読む人がそんなありがた迷惑な人に

ならないように、分かりやすく説明しましょう。

毎日続けて欲しいものだから、出来るだけ身近に行きます

まず、水ですが  

家に浄水器をつけてる家庭はそれで十分です。

もし、水道水そのままの人がいれば、一緒に備長炭を入れることを

勧めます。備長炭は一度、沸騰したお湯に入れて殺菌し、日陰で

干しておけば、大丈夫ですし、使いまわしも出来ます。

もちろん浄水器の水を使う人にも効果あります。

次に、鍋ですが  冬場に鍋をしたときの土鍋があるでしょう。

それで十分です。ただし、蓋はつけてくださいね。

蓋がないから、フライパン用の蓋を代用しよう なんて人がいたら

回し蹴りをお見舞いします

と言ったところで、今日はここまで。

詳しいレシピを書くと長くなるので、明日にします。

まずは、道具があるかどうか皆さん確認してくださいね。

水、備長炭、米、土鍋、塩、愛情です

ではまた明日。

そうそう、人気ぶろぐランキングですが、

グルメの総合から、つわもの達が多い食品部門に

移転してチャレンジしています。

なので、一日ワンクリック、ご協力お願いします。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (8) | トラックバック (5)

2006年3月20日 (月)

菜の花と海に散った若者達

今年の桜の開花宣言が3月22日ごろと発表になりました。

北海道では4月上旬ごろのようですが、実はこの桜、

バラ科の植物だったってご存知でしたか?

春はそのほかにも色んな花が咲きますが、

僕はと言うと、菜の花が好きなんです。

意外に地味だな、と思った方も多いでしょうが

それにはちょっとした理由があります。

皆さんは、鹿児島県の西南部にある『知覧』と言う町を

知っていますか?

町の名前だけで気付いた方も多いと思いますが、

知覧は1945年の太平洋戦争末期の特攻隊の

基地があったことで有名な町です。

3年前の事でした。

九州男児のみならず日本人として、

一度は行ってみたいと思っていた

知覧の特攻平和記念館に行くことが出来ました。

あの時代に生きた若者達がどんな気持ちで

人生の最後に臨み、何を考えたのか知りたかったのです。

血判が押された遺書や丁寧にしたためられた遺書。

一人で死ぬのは恐いと、正直に本心をつづりながらも

恋人や家族を想い、自分を鼓舞する姿が垣間見えました。

そこで一番印象に残ってるのは、当時の青年の知的水準

の高さと字の美しさから読み取れる精神力の強さでした。

もうすぐ死ぬと言う、今の僕から見たら極限状態にある

にもかかわらず、遺書にしたためられた文章を見る限り、

それを微塵も感じさせず、むしろ知性の高ささえ

うかがわせるほどの文章力には言葉も有りませんでした。

育った環境、正しさの価値観、美に対する感性

どれも今の僕らとは違うだろうけれど、一人の

男として、どう有るべきかを教わったような気がしました。

帰り道、高倉健さんが映画のロケで訪れたところに行くと

見渡す限りの菜の花が辺り一面に咲き誇っていました。

そこを眺めたとき、彼らが命がけで守ろうとしたものが

なんだったのか、少し分かった様な気がしました。

春になり、菜の花を見るたびに、知覧で見たあの光景と

特攻で海に散った若者の事を考えてしまいます。

皆さんも、一度は知覧へ行って彼らの想いに触れてみては

いかがでしょうか?

一日ワンクリック、ご協力お願いします。

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

| | コメント (2) | トラックバック (41)

2006年3月18日 (土)

野菜の花

今日、久々に知り合いの農家さんを尋ねたら

紫蘇の花が咲いていました。

051014hoziso_thumb

料理のあしらいなどではよく見る花で、

通称 花穂紫蘇と呼んでいますが、皆さんは野菜の花

どれくらい見たことがありますか?

きゅうりの花や、イチゴの花、ほうれん草や白菜の花

どれも実際に食べる野菜に咲くもので、

成長過程の初期に実を結ぶことが多いみたいです。

観賞用の花のように大きくなる事も派手さも無い

けれど、普段食べている野菜にもこんな綺麗な花が

咲くのかと、少し嬉しい気分にさせてくれます。

せっかくなので、俳句でも詠んでみます 

その名も

  イッシー心の俳句

(ちびまるこちゃんの爺ちゃんの真似)

  

  花の香で 

    食い気に走る

         僕の鼻

・・・・・・ダメです

   僕には文才がありません

       情緒もクソも有りません

こんな僕に皆さん、愛の手を差し伸べてください

Banner2_5←人気ぶろぐランキングです

    

| | コメント (55) | トラックバック (79)

2006年3月17日 (金)

農薬漬けで人が死ぬ  2

タイトルのせいでしょうか?

昨日のアクセスが、異常なほど多かったのに

びっくりしましたが一日空いてしまいました。

一昨日の続きを読みたかった方、ごめんなさい

理由は対した事ありません

チョット焦らしてみたかったのです

(嘘です。どんな風に書こうか悩んでいただけです)

さて、一昨日の続きを話す前に

Banner2_5←をポチっと押してください

僕の大学時代の友達に、中国からの留学生がいます

(名前はレン君と言います)は農学部で農業を学び、卒業後

は実家に帰って家族の経営する農場を継ぐのだそうです。

僕は学部が違っていたせいで、あまり農業の話しを

した記憶はありませんが、卒業前にこんな話を

聞かせてくれました。

レン 「石原君、将来は料理関係の会社に

    入るんでしょ?』

僕  「ウン。そうだけど。」

レン 「日本に出回ってる中国の野菜は、僕の

    実家で作ってるやつもあるんだけど、

    中国の野菜食べる?』

僕  「いや、意識してなかったから中国産だった

    かどうかはよく覚えてないけど、多分食べ

    てるよ。普通に。』

レン 「あの・・・・言いにくいんだけど、どうせもうすぐ

    卒業だから、教えておくね。前に僕に弟が居た

    って話しをしたでしょ?その弟は実は農薬が

    原因で死んだんだよ。』

僕  「え?そうなの?農薬を間違って飲んだりしたの?』

レン 「いや、手伝いで使ってただけ。でも、まだ弟は

    小さかったから、農薬が体に悪かったんだろうね。』

僕  「そっか。使い方次第では安全な農薬でも危険

    なんだね。』

レン 「いや、そうじゃなくて。ウチの実家は日本向けの

    輸出野菜と地元の人達用の2つを作ってるん

    だけど、日本向けの野菜はもの凄く強い農薬を使っ

    てるから、僕ん家だけじゃなくて、日本向けの野菜を

    作ってる農家では、良くあることなんだ。』

僕  「え?まじで?何で日本のだけそんなに強いの?』

レン 「僕ん家は、日本の商社に野菜を卸してるんだ

    けど、日本人は虫喰いのない綺麗な白菜しか

    食べないから仕方ないけど作ってるんだよ。

    だからもっと安全で且つ強い農薬の勉強を

    するために日本にきたんだ。』

と、彼は言いました。もちろん、現地の人はそんな薬漬け

の野菜なんか食べないし、野菜畑も日本人用と

自分達用は別のところに有るそうです。

何故日本人はそんな野菜しか食べないのかわからないし、

家族を失ったのはどうしようもなかったけど、

食べていく為には仕方がないから

辞めようとは思わない、との事。

せめて、使う自分達に害の無い農薬さえあれば良い

と言っていました。

あまりにシュールな話しだったので、驚きを隠せなかった

けれども、そんな野菜を食べてたのか!!という怖さ

が一番大きかったのを覚えています。

人をも殺す農薬漬けの野菜をわざわざ作らせる日本人と

それを何も知らず、見た目だけで判断する日本人。

果たして、このままでいいのでしょうか?

では、また

    

もうすぐ100位以内です。

ランキングにご協力お願いします^^

| | コメント (3) | トラックバック (67)

2006年3月16日 (木)

農薬漬けで人が死ぬ・・・・

みなさんこんばんは

昨日の、臭豆腐の反響が意外に凄く有ったのは

嬉しいような悲しいような気がする今日この頃です。

面白おかしく話すのは、普通に話すのよりも

ボキャブラリーと文章構成が難しいと分かったので、

ああいう書き方もたまには良いものだと感じました。

今日は、偶然NHKの『その時歴史は動いた!!』

を見ました。プロジェクトX 亡き後のNHKといえば

やはりこれしかないでしょう。

二宮金次郎の話でしたが、飢饉に苦しむ人が

草木だけでなく、死人を食べていたという辺りで

どれだけのものだったのかがよく分かります。

それを考えると、今の私たちは贅沢だし幸せだと

痛感します。と、同時に現在これだけ収穫が安定して

いるのも、なんだかんだ農薬があるおかげでしょう。

農薬を使った安定収入があるからこそ、有機無農薬が

見直されてきたし、かといってすべての野菜が無農薬では

全国民に安定して入らないだろうから、これはある意味

仕方のない事かもしれません。

しかし、そのためにもある程度情報は知っておきたい

ものです。

これは、実話なのですが、あまりにシュールなので

書くのに悩んだのですが、せっかくの機会なので

話しておきたいと思います。

皆さんは、野菜を買うときにどのようなことに

重点を置いていますか?見た目、値段、産地

さまざまな判断材料がありますが、まず言って

おきます。

中国産の輸入野菜は、絶対に買ったら駄目です

ちなみに、中国の野菜がいけないのではなく

それを作らせている人間に問題があるのです。

詳しく話すと、長くなるのでその続きはまた明日

とりあえず、ポチっと応援お願いします。

Banner2_5←をポチっと押してください

なんだかんだで、100位近くまであがっています^^

今日は、まじめな石原がお送りしました

| | コメント (12) | トラックバック (34)

2006年3月14日 (火)

世界遺産と幻のブドウ海老

みなさんこんにちわ

じつは大学時代

「ちゃんら~~ん。こんぺいで~~す」で有名な

笑天に出ている林家こんぺい師匠とマージャンを

打ったことのある落語研究会出身の石原です。

(これは実話です)

こんぺい師匠がどんな人だったか知りたい人は

まずBanner2_5↓をポチっと押してください

昨日のブログで、世界遺産について、何も語って

いませんでしたが、それには訳があったのです。

その訳を話す前に、皆さんはブドウ海老と言う

言葉を聞いたことがありますか?

もちろん  ブドウ味の海老では有りません

かといって、海老の味がするブドウでもありません

(想像したら、ちょっとオエっときました)

それは2005年7月に新しく世界遺産となった場所

北海道の東部にある知床半島で取れる

幻と呼ばれる海老の事です。

ぶどうえびは漁獲がとても少なく、「まぼろし」と冠称

されるまでに至った美味で超高級なエビです。 

知床羅臼でも平成9年から試験的に操業開始され

太平洋で広く獲れるようですが、日本近海で獲れるのは

羅臼くらいのもの。 資源調査の結果しだいでは

禁漁になるおそれもじゅうぶんにあります。

量も一日多くて3kgしか水揚げされない代物なのです。

詳しくは、宗右衛門のホームページの方で説明しますが、

昨年11月から、交渉に交渉を重ね続けた

かいあって、とうとう4月にブドウ海老を入荷

できる事になりました。

さすがにいつ禁漁になってもおかしくない

幻と呼ばれるだけあって、10kgしか

ご用意できませんが、みなさんどうぞお楽しみに

あ、そうそう、気になるこんぺい師匠ですが

見た目どうり豪快な人でした。

ではまた

| | コメント (13) | トラックバック (39)

2006年3月13日 (月)

情熱大陸 最高!!

みなさんこんにちは

日曜日はいかがお過ごしでしたか?

まずは今日の調子を見るために

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

日曜日といえば、僕にとっては欠かす事の

出来ないものがあります。

それは、夜11時からの情熱大陸と世界遺産です。

この時間だけは、雨が降ろうと矢が降ろうと、絶対に

テレビの前から離れません。

「何だ、テレビかよ!!」と思った方

 残念です。僕はがっかりです。あの番組のパッション

を感じられないなんて・・・・・

「お、いい趣味してるじゃないか!!」と思った方

 最高です。アナタとは、気が合いそうです。

 僕と友達になってください。

一緒に情熱大陸と世界遺産について、杯を交わしながら

語り合おうではありませんか!!

(あ、すいません。チョット取り乱してしまいました。)

いつもながら話がそれたので本題に戻ります。

今日の情熱大陸は世界の王監督の話でした。

幾多の逆境をくぐりぬけ、世界の王といわれる人の

パッションを感じました。

 その仲でもひときわ僕の気を引いたのが

王監督の最後の台詞。

「日本代表の監督という立場に身を置いて

 喜怒哀楽出せて、胸ときめかせて

 これこそが僕の一番のエネルギーですね。」

という言葉。重圧を感じるよりも、野球を心から

楽しみ、一球一球にハラハラドキドキ胸ときめか

せる少年のような心があるのが王さんのすごい

ところだよなあ、と正直に思いました。

僕も、このブログや仕事を通じ、たくさんのトキメキや

驚きをもらいました。それこそが僕のエネルギーの

源だし、初めて見る食材や料理の事を知るたびに

次はどんなすごい食材や料理と出会えるのだろうと

毎日楽しみにしています。

たまには嫌な事やつらい事も有るけど、ふと振り返った

時に笑顔で思い出を語れる僕は、とても幸せ者なのかも

知れません。

皆さんもパッションに満ちた情熱大陸で一週間を

振り返ってみてはいかがでしょうか?

今日はとても良い話しが出来たので御飯を

とても美味しく食べれそうな石原でした。

では、またあした

(え?一日何食食べるのかって?そんなのは

 食いたいときに食うのが鉄則です。まあ、3食プラス

 3時のおやつとつまみ食い。晩酌セットに・・・・

 食べるのも仕事の内だと思ってください。)

 

| | コメント (198) | トラックバック (196)

2006年3月12日 (日)

白い恋人

皆さん、こんばんは

自動販売機といえば

中学生の頃、つり銭の受け取り口に手を突っ込みまくり、

落ちているお金が無いか探していた広報の石原です。

(地元ではこれを貧乏商人と呼び、ある尊敬すら集めていました。)

さて、3月14日のホワイトデー直前になってきました。

バレンタインにチョコをもらえた人には、悩ましい時期

です。

ある女性雑誌では、ホワイトデーはバレンタインの3倍

返しを望むという、無理な理屈がまかり通っているよう

ですが、世の男性諸君にとっては非常にありがた迷惑

な話です。

かくいう僕も義理ながら、チョコレートをもらった身の上。

女性の食い物に対する恨みは相当なものらしいので、

何が良いか直接各人に聞いてみました。

一位  ヴィトンの財布

二位  かっこいい彼氏

三位  現金

「はい~?なんば良いよっとですか~。(武田鉄也風)」

図々しいにも程がある。200円くらいのチョコレートで、

こんな大それた事をよくも言えたものだ・・・・・・・・・・・・・

「おととい来やがれ!!」

と言いたかったのですが、そんな勇気も無い僕は

仕方無しに「一生懸命探しました」と言うのが伝わる

ように色んなところを調べた結果

この二つに絞りました。

北海道の「白い恋人」  

     VS  

鹿児島は薩摩蒸気屋「かすたどん」

どちらも値段は高くないのですが、全国的に有名な

ご当地お菓子。悩みに悩んだのですが、かすたどんは

最近食べたので。個人的に食べたかった、「白い恋人」

をお取り寄せして、送る事に決めました。

(薩摩蒸気屋さんすいません。もしこのブログ見てたら言ってください。

 ついでに、無料でプレゼントしてください^^)

昨日頼んだので、14日に間に合えばいいのですが、

もし間に合わなかったら・・・・・・・・・

皆さんも、ホワイトデーのお返しの準備は

 早めにはじめて下さいね。

人気ブログランキングです。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (11) | トラックバック (19)

2006年3月11日 (土)

どこまで増えるのか?

題名を見て、ピンと来たアナタ

かなりの宗右衛門通信病ですね。

そう、これは

広報担当の石原君の体重の事ではありません

コンビニエンスストアのことです。

本当にどこまで増えるんだ、と思いませんか?

次から次に、出て来る出て来る。もう、要らないだろうと

言いたいのですが、その気配すらないですね。

ところでこのコンビニ。海外ではどうなのでしょう?

私が一番長く滞在していたウィーンにはコンビニなんか

一つもありません。そもそも自動販売機が数えるほど

しかないのです。

何故でしょう?

必要もないし、電気代掛かるし、見た目も悪いから

だと言ってました。ジュースも、タバコも自販機ありません。

それならどこで買うのか?

スーパーです。しかも、土日は休みで、夜8時までしか

開いてません。土日休みですよ皆さん!!

今考えればよくそんな環境で生活できたな、と思いますが

実際向こうに住んでる時はそれが当たりまえで、不便だとも

思いませんでした。

少し調べると、ヨーロッパにもコンビニは有り、イギリス

ドイツを中心にこれからも広がっていくそうですが

日本に比べて根付きにくいみたいです。

大きな問題は、ごみに関するもの。

ヨーロッパの環境に対する意識は相当高いものがあり

日本人とは次元が違うようです。

そもそも日本人は、ごみを出すのが好きな民族と

言われてますし、ごみに対するモラルは

いわずもがな 富士山のごみが有名な例でしょう。

日本、韓国、中国人が世界で最もごみに対する

モラルが無い、と以前テレビで見た記憶があります。

ここまで来ると民族性なのか?とも言いたいところ

ですが、ごみに民族性も何も無いでしょう。単に

個人個人が意識できるかどうかですね。

話を戻しましょう

そうそう、ウィーンにコンビニが無いと言う話しでした。

もちろん、仕事や余暇に対する考え方が根本的に

違うのはいうまでも無く、向こうは随分ゆったりと

しています。

休みの日には、公園で家族と遊び、夜も早く家に帰り

家族団らん。外食も稀で、家族のつながりを、とても

大事にする昔の日本みたいなかんじです。

かといって、遅れているかといえば、そうではなく

向こうの人に言わせると、日本はなんか無理して

近代化してるみたいといいます。

まるで、アメリカの実験台になるかのごとく(ちなみに、

オーストリア人はアメリカが好きではありません)走って来た

この50年間を、哀れみさえ持って見ていたそうです。

経済大国と呼ばれ、世界的にも裕福な日本。

でも、いったん客観的に見れば、それは作られた

現代社会の実像なのかもしれません。

今日は、社会問題に鋭いメスを入れた つもり の店長でした

皆さんのおかげで

人気ブログランキング、グルメ部門で現在148位に急上昇中です。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (8) | トラックバック (6)

2006年3月10日 (金)

未来の料理人へ・・・

このブログを見る人は、料理に興味のある人ばかりです

もちろんプロ、素人問わず色んな人が見てくれています

今日は、将来料理人になりたい人への私個人の意見です

ひとくちに料理人といってもいろいろな形があります。

料理職人、オーナーシェフ、フードコーディネーター、料理評論家

病院の栄養士、学校給食の調理人・・・・

その中でも、店やホテルで働くいわゆる料理職人を目指す人

への参考になってくれれば幸いです。

和食、洋食、中華、エスニック    ジャンルは問いませんし

超高級料亭から居酒屋まで何処でも構わないと思います。

せっかく何かのきっかけで料理人になるのなら、

見据える目線は、常に高く  常に妥協せず  

 常に貪欲であって欲しいと願います

料理の世界は、縦社会です。

最近ではそうでもない話も聞きますが、それは単に

昔のような超縦社会では働く人がいなくなってしまう

為で、昔のやり方が悪いということじゃありません。

昔の職人世界はこうでした。

料理を教えてくれるということは絶対にありません

先輩が使った鍋の底を舐め、皿洗いをしながら横目で

チラチラ覗き見をし、先輩が帰ったあとに、こっそりレシピ

を自分のノートに書き写す。(ただし、見つかれば殴られます)

そんな新入り君にとって、お昼のまかないは絶好の見せ場。

料理をする手にも気持ちが入りますが、

たいていは怒られるか、捨てられる。

ひどいときには、作った料理を一瞥して、外食に出かける

・・・など、まるでいじめ同然でした。

私は、どちらの環境も見ていますので分かりますが、

どちらの環境にも良いものがあります。

前者は教えてくれない分、自分で本質を盗もうとしますので

やった分だけ体が覚えますし、物の見方を知ります。

何よりも、精神的な強さを手に入れます。

ただし、時間は掛かります。

俗に言う  飯炊き三年  シャリ八年    です。

後者は、技術は簡単に手に入りますが、簡単に教えて

貰えるため料理を単なるレシピと勘違いしてしまい、

本質を見抜く目が養われません。

ただ、どちらにもいえるのは

      自分で自分を追い込めるかどうか   です。

自分を追い込むというと、一見ネガティブにも感じますが

見据えている目線が高ければ高いほど、ポジティブな

ものに変わります。

これぐらいで満足できるか!!もっと上を目指すんだ!!

自分がモタモタしている間にも、他の奴はもっと上手くなってる

絶対に負けねえぞ!!

これくらいの気持ちがある人は、必ずその先に何かを見て

います。単に料理を作るだけでなく、今は見えなくても、

何かを探して一生懸命になっています。

料理は愛だという人もいますし

  料理は自分自身だという人もいます

 

これから料理を目指す人も、今道半ばの人も

そして私自身にも言い聞かせたい言葉です

 料理とは、先人の後を追わず

       先人の求めたるところを追うものだ   と。

今日は、チョットカッコ良くまとめたつもりの店長がお送りしました

皆さんのおかげで

人気ブログランキング、現在208位⇒152位に急上昇中です。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (80) | トラックバック (23)

2006年3月 8日 (水)

地鶏の秘密・・

今年注目されたニュースに、鶏インフルエンザがありました。

今現在、鶏から人への感染は無いようですが、

近い将来、それは避けられないという予測です。

皆さん、こんにちは

インフルエンザから復帰したばかりの、広報の石原です。

今年のインフルエンザも大変でした。1週間近く

トドのようにベッドに横たわっておりました。

なんにもする気が起きませんでした。

(え?病気じゃなくても、やる気が無い?何を言ってるんですか!!

 夢と希望に満ち溢れておりますよ。体重も2年間で30キロぐらい

 増え、その勢いは留まることを知りませんよ。

 ・・・・・・・あ、それは関係ないや・・・・・・

さてさて、話しが脱線したので本題に入りましょう。

今日は名誉挽回を計って、昨日の牛に続き

鶏にまつわるお話しです。

地鶏とブロイラー。食べるならばどちらが良いですか?

と聞けば、90%以上の人が地鶏と答えるでしょう。

しかし、一口に地鶏といってもさまざまな種類があります。

有名な3大地鶏は比内地鶏・名古屋コーチン・薩摩地鶏

これらの鶏は硬さの中にやわらかさがあり、

非常に美味しかった記憶があります。

しかし、僕から言わせれば、地鶏とは「ブロイラーではない

という認識でしか有りません。

理由は、実は抗生物質を大量に使用している危険な鶏

も実際に多く存在するからです。

何処とは言いませんが、僕もその事実を自分の目で見て

以来、地鶏だからといって安易に信用はしなくなりました。

また、スーパーなどで地鶏の表示がしてあっても、安全とか安心

という意味ではありません。唯一「特定JASマーク」が付いている

商品だけは飼育方法まで基準を設けてある

地鶏に付けれているので信頼できます

詳しくは

「在来種の血が50%以上で出生証明ができるもの

 80日以上の飼育

 28日以降は平飼いで飼育

 1平方メートル当り10羽以下で飼育」

という条件を備えた鶏に「特定JASマーク」が付けられています

最も信頼できるのは、農家から直接買う事でしょうが、

みなさんがもし、スーパーなどで買われるのならば

特定JASマークのついたものだけを買うようにしてください。

いつになったら、良いものを正直に買えるのだろう・・・・

皆さんのおかげで

人気ブログランキング、現在208位⇒152位に急上昇中です。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (7) | トラックバック (30)

2006年3月 7日 (火)

本物という言葉の嘘

皆さんは”本物”と言う言葉に騙されていませんか?

最近巷では、やたらに本物が溢れています。

○○県の本物の○○!!

インターネットや紙面など、どこを見ても

このような言葉ばかりです。

正直、本当に紛らわしいし腹が立ちます

何故か?    

消費者の無知を逆手にとって、本物=最高級のみ

だと勘違いさせているところも多々あるからです。

たとえば、全国的に有名な伊万里牛と言うブランド。

一般の消費者には

伊万里牛>佐賀牛>佐賀県産和牛

で認識されています。

確かに、本当です。

ただし、肉質の等級や脂肪交雑(BMS)の基準値

だけで判断すればの話しです。

分かりやすく説明します。

伊万里牛の最高級品と佐賀県産和牛の最高級品では

・・・・・・・・伊万里牛に軍配が上がります。

これは本当に比べようが無いくらい、旨いです。

ほっぺたが落ちます。

もちろんながら、値段も倍近く差が有りますが納得できます。

しかし伊万里牛にも出来、不出来が有ります。

まあ、当たり前の話です

では、伊万里牛の下級と佐賀県産和牛の最高級品では

どうでしょう?値段も伊万里牛の方が1.5倍以上は高く

取引されています。

答えは・・・・・・

明らかに佐賀県産和牛に軍配が上がります。

こういう比較の仕方をすれば、わざとらしいと感じる

人もいらっしゃると思います。

しかし、今現在流通している伊万里牛のうち最高級

ランクのものは主に関東方面で高値で取引されていて

実際に地元に残る伊万里牛の多くは中級から下級の

ものが多いのです。

一方佐賀県産和牛はブランド牛ではないので

最高級のものであっても、地元で消費されるものが

ほとんどです。

こういった理由から、必ずしも本物だからといって

最高級であるとは限らないのです。

本物の○○・・・・     確かに嘘はついていませんし

銘柄物であれば高値で売買されるのも頷けます。その為に

生産者は並々ならぬ努力をしているのですから。

しかし、その中にも良し悪しがあるということを認識

している人がどれくらい居るのでしょうか?

言いたくない事実を、正直に言える人

ナカナカ居ないものです・・・・

皆さんは、情報に惑わされてはいませんか?

こんな時代だからこそ、信頼できる情報だけを

お届けしたいと思います。

そして、身につけた本物の知識で

本物を見極めて欲しいと思います。

では、また

今日の担当は  自称 物知り博士の店長でした

広報の石原君は、インフルエンザみたいです・・・・・

     

皆さんのおかげで

人気ブログランキング、現在312位⇒208位に急上昇中です。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (14) | トラックバック (16)

2006年3月 5日 (日)

面接

今日はとても楽しい出会いがありました。

新年度の従業員を面接していたときの事でした。

その子は、16歳の女の子だったのですが

面接に来て、挨拶も早々にこんな事を言うのです。

女の子「私は16歳で夜間の高校に通っているのですが

     雇っていただけるのでしょうか?」

私   「何故そんなことを聞くの?」

女の子「先日面接をしたところでは、私が夜間の高校

     に通っていると言う話しをしたら、面接官の人が

     ”夜間高校じゃチョットね~” と言われました。

     夜間の高校に通っているだけで、何故そんな目で

     見られるのでしょうか?私はとても悔しかったです」

     彼女の言葉は続きます

女の子「私は将来、料理を勉強して飲食店の経営を

     したいと思っています。一生懸命頑張ります。

     アルバイトでも構わないので雇っていただけ

     ますか?」

彼女の目の力強さ、背筋を伸ばし、はっきりと言い切る

言葉に惹かれ、嬉しくなった私は面接をしている事を忘れ、

1時間近く話し込んでいました。

家族の事や、将来のこと、友達のこと、料理の世界に

興味を持った事などとても楽しい話でした。

もちろん結果は採用です。理由など要りません。

実際には、学校に行きながらなので、時間的制約

は有るものの、まだ16歳。

じっくり、ゆっくり、一つづつ、夢が目標に変わり、

目標がまた新しい出発点に変わるまで、同じ

仲間として一緒にやって行きたいと思います。

最近の若者はハングリー精神が足りない

と言う言葉を良く耳にします。

相撲の世界にしても、ボクシングの世界にしても

日本人選手の活躍が目立たなかったりすると

よく言われることです。

しかし今日の出会いは、どんな時代でもハングリー

精神を持った人間がいる事を証明してくれました。

まだまだ世間知らずな若造だった私を育ててくれた

人たちがいたように、今度は私がその子を育てて

いきたいと思っています。

10年後、彼女の夢が単なる夢で終わらないように

少しづつ歩を進めていきたいと思う今日この頃です。

 

では、また     

今日は文章から知性を感じさせる店長が担当しました

人気ブログランキングです。

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006年3月 4日 (土)

遂に!!!!

知る人ぞ知る、人気ブログ宗右衛門通信へようこそ!!

皆さんのご声援にお応えして、この度グルメ部門の

人気ブログランキングに登録されました

と言う事で

Banner2_5←を是非クリックしてくださいね

| | コメント (7) | トラックバック (11)

2006年3月 1日 (水)

美しい記憶 2

 ウィーン滞在3日目

泊まっていたホイリゲで目を覚ました私は、

その日時間に余裕があったので折角だからと、

ワインの作り方やワイン畑を見せてもらい、果ては

ソーセージの作り方まで教えてもらっていました。

夕食までご馳走になって、ソロソロ帰ろうかとする私を

ホイリゲの夫婦は、あと一つ見せたいものがあるから

待てと引き止めます。

夜10時過ぎ、日が沈みそうになった頃、その夫婦は

先ほどのワイン畑の丘のてっぺんまで私を連れて行きます。

果て?今度は何だろうと、その頂上まで辿り着いた瞬間

私の目の前に、これまで見た事がないような美しい光景が

広がっていました。

眼下には見渡す限りのワイン畑と

その奥には彩やかな光を放ちながら沈み行く太陽

丘の上にはゆっくりと流れる心地よい風

まるで、映画のワンシーンを見ているような

とても不思議な気持ちになりました。

日本では味わえない光景にしばし見とれていた私に

ホイリゲの主人が、こんな説明をしてくれます。

主人 「これまでたくさんのワインや料理をこれまで30年以上

    作ってきたけど、どんなに良い料理を作っても、

    この景色に勝るものは無いね。」

 そういって、にこやかな笑顔を僕に向けてくれました。

あれから10年以上たった今

私が料理を作るときに常にイメージしているのは、

料理の出来栄えもさることながら、あのウィーンで味わった

      心地よい空気の色

これから先、あの感動にまさる思い出を作れるかは

分からないし、また私自身あの感動が味わえるか

どうかもわからないけど、もう一度味わいたい

でも、そっと心にしまっておきたい美しい思い出です。

では、また

| | コメント (5) | トラックバック (4)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »