« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

美しい記憶

皆様、ご無沙汰しています。店長の川﨑です。

最近、広報の石原が有りもしない話をしているようですが、

面白おかしく話そうとする彼の努力に、どうぞお付き合い下さい。

今日は前回の題名「記憶」について、ふと思い出した

宗右衛門通信にふさわしいエピソードがありますので、

今日はそれをお話したいと思います。

あれはまだ、私が料理の世界に入って間もないときの事でした。

皆様は、オーストリアのウィーンと聞いて何を想像されますか?

ウィーンフィルハーモニーやウィーン少年合唱団、果ては

ベートーベンなど、音楽の町、観光の町としての認識が強いと

思います。私も、そんなイメージしかありませんでしたが、

中学時代の親友がウィーンで音楽活動をやっていて

現地で結婚すると言うので、その結婚式に行って来ました。

季節は夏、緯度が高いとはいえ意外に暖かく、しかし

乾燥しているため、過ごしやすかったのを覚えています。

オーストリアはキリスト教が主宗教でしたので、結婚式も

バロック時代の古い教会で行われました。

美しいステンドグラスに、音楽仲間が奏でるオーケストラ。

ゆっくりと流れる時間の中で過ごすひと時。

言葉はわからなかったけれど、嬉しそうに壇上に立つ

彼の顔を見ていると、とても羨ましくなったのを

覚えています。

結婚式が終わり、ホイリゲと言うウィーンならではの

レストランへ。ここは、1年未満の若い手作りワインが

飲めるところで、屋外に机を並べて皆でワイワイ賑わいます。

かくいう私も、羽目を外して現地の人たちと片言の英語で

楽しく話していました。日照時間が長いため、夜10時を

過ぎても明るく、時間が経つのを忘れてしまいます。

その店は、新婦の従兄弟が経営する店でしたので、酔って

帰れないなら泊まって行けと勧めてくれます。どうせウィーンに

来たのならと、郷に入っては郷に従う事にしました。

       つづく・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (56)

2006年2月24日 (金)

記録と記憶

 任天堂が発売したゲームソフト

「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」

の販売数が、1ヶ月で百万本を超えたそうです。

僕も発売早々に買った一人で、仕事の後

夜ごとビール片手に格闘していました。

ご存じない方に、簡単に説明しますと

そもそも、このゲームは音読の効果を唱える

川島隆太・東北大学教授の監修で、計算や漢字の

問題を解いていくと「脳年齢」が表示される仕組みに

なっていて、例えば、二分間でどれだけの数字を記憶

できるか、簡単な足し算、引き算に何分掛かるかなど

によって脳年齢が判定される様になってます。

最初は楽しくやってたものの、暫くすると飽きてきた

ので、他の人はどうなのか見てみることにしました。

       

              

 もちろん、我が宗右衛門の店長にもやってもらいましたが、

気になる結果は  「かなり疲れていますね・・・・・・」  

年齢にすると、あまり大きな声では言えませんが

      ・・・・・・・(70代でした)

チラッと、顔を覗くと、不満そうな顔で

「ゲーム機の扱いに慣れてないからなー」

などと、逃げの台詞を。

「え~~~、そうかな・・・・」と、言いかけて

「僕も最初は、そうでしたよ。」と、すかさずフォロー。

じゃあ、持って帰って鍛えてくるから貸しといて、

と有無を言わさず取り上げられてしまいました。

次の日、朝会うなり

店長 「30代まで行ったぞ!!」

僕  「うわー、たった一日ですごいですねー。

     僕なんか結構掛かりましたよー。」

    (ちなみに僕は初めてやったとき、既に20代でした。)

店長  「まあ、俺に掛かればこんなもん子供のおもちゃよ」

     と、嬉し顔。そして

店長 「お前はどれぐらいだったの?」

僕  「ギク・・・・」  

   とりあえずはぐらかす為に

僕  「幾つだったかなあ?」と、とぼけます。

しかし、このゲーム。メモリー機能がついているため

自分のこれまでのゲーム結果が残っているのです。

しばしの沈黙の後、嘘はつけないなと思い、正直に

話す事に・・・・・

もちろん結果は  

 「もう、こんなゲームはツマラナイから返す」

とのことでした。

皆さんは、どんな記録、ならぬ どんな記憶をお持ちですか?

私達、宗右衛門は皆様の「美味しい記憶」のために

日々精進しています。

(意外に上手に、オチをまとめる事が出来ました)

| | コメント (10) | トラックバック (112)

2006年2月16日 (木)

宗右衛門よりお知らせです

 みなさんこんにちは

宗右衛門、広報の石原です。

今回、デザイン変更ならびに宗右衛門通信を担当することになり

ました。これまでは、店長が書いていましたが、今後は僕が担当

させていただいきます。

いたらない点も多いと思いますが、面白おかしくユーモア

たっぷりに、落語研究会出身の話術を振り絞って

頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

あ、それと、店長もたまには書きたいと言っていましたので、

たまには顔を見せると思いますが、合わせてこちらも

よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (61)

2006年2月13日 (月)

ほろ苦い思い出

 明日はバレンタインデーですね。

男はいくつになっても少年の心を忘れないとは

よく言ったもので、私も何故かバレンタインになるとそわそわ

してしまいます。

そもそも、バレンタインデーとは誰が作ったのでしょうか?

チョット調べてみました。

その名も、日本チョコレート・ココア協会

http://www.chocolate-cocoa.com/

うーん。意外に奥が深いですね。私はてっきり

お菓子やさんが何となく作った日なのかと思ってました。

ところで皆さんはバレンタインにどんな思い出がありますか?

私にも実はほろ苦い思い出があります。

あれは、中学生のときでした。当時野球のクラブチームに

入っていた私は放課後、もらえるはずも無いチョコをいつ

までも待つような軟弱な輩ではなかったので、いつも通り

そそくさと、でもチョット寂しく学校を後にして野球に行く

はずでした・・・・・

しかし

そんな私にもチョコレートをくれるという人がいたのです。

その子は一学年下のバスケット部の女の子で、

恥ずかしそうに渡すしぐさを見て一瞬ドキッとした私でしたが、

実は初対面だったもので、当時の私にはどうして良いか

わからず、友達が向こうから見ていたせいもあり

押し黙っていました

    ・

    ・

    ・

沈黙の後、彼女は「これ・・・」とだけ言い残して

去っていきました。

今思えば、何故気の利いた言葉の一つも言えなかった

のだろうとか、有難うくらい言えばよかったと思いますが、

あまのじゃくな私には出来ませんでした。

その後、たまに学校ですれ違う事はありましたが、

結局何も話せずじまいでした。

「ありがとう」

意外に難しい言葉ですね。では、また

| | コメント (98) | トラックバック (25)

2006年2月 5日 (日)

アンパンマン

 明日2月6日は何の日だかご存知ですか?

実は、アニメのアンパンマンの誕生日なのです。これは

著者の「やなせたかし」氏の誕生日から取ったらしいのですが

PHP出版の短編童話集「こどもの絵本」の1968年10月号

に初めてアンパンマンは登場しました。

この第一作のアンパンマンは現在のアンパンマンとは

まるで違い、人型で大きなおなかをしていて、腹を空かせて

いる人を見ると、現在のように顔のアンパンをちぎって食べ

させるのではなく、おなかの中からアンパンを取り出して食べ

させるという設定でした。

アニメは1988年から始まっています。第一作が出てから20

年近くたって始まったというのも異色ですが、それから18年

アニメが続いていてこちらも長寿番組になってきました。

 アンパンマンのそもそものイメージは戦中や戦後

まもない頃、たくさんいたおなかを空かせた子供達を救う

ヒーローというものだったそうです。しかし高度経済成長

の結果、欠食児童などという言葉もほとんど死語となり、

そのためバイキンマンという平和を乱す存在を作らざる

を得なくなったのだといいます。

実は同作品にはお金が登場しません。

利益を得るためではなく食べてもらいたいからパンを作る。

「何かをしてあげたい」という純粋な気持ちが

時代を超えて愛される理由なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2006年2月 1日 (水)

美味しい水

ふと2月になったなあと考えていて思い出したことがありました。

私がまだ現役で調理場に立っていたときは、店で使う水は

山に汲みに行っていました。汲みに行くといっても、仕事

が終わってから行かなければならなかったので夜10時ごろに

出かけていたのですが、この時期の山道は路面が凍っている

こともしばしばありました。登り道は、地面が凍結していても

まだ何とかなります。でも下りは300リットル以上の水を

普通乗用車に載せていたせいもあって、手に汗握りながら

運転していたのを覚えています。

 でも、山の水があれほど旨いとは驚きでした。

もちろん、山で飲む水はロケーション的にもイメージした

だけで美味しそうですが、「水が甘い」と実感できますね。

せっかくなので日本の名水を調べてみました。

http://mizu.nies.go.jp/meisui/

一概に何処が美味しいとは言えませんが、私が行って

いたところは載っていませんでしたので、探せば他にも

隠れた名水があるはずです。

仕方が無いとわかってはいますが、もう少し水道水が

美味しくなってくれたら良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (49)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »