« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日 (火)

ふと思ったこと・・2

 私達が築きあげてきた文化の中でも、とりわけ日本食の文化

というのは随分古い歴史の中から成り立っています。

和食に代表される懐石料理が確立し始めたのが室町時代。

当時は、都のあった京都に若狭湾で取れたものを2日掛けて

運んだといわれています。今では考えられないことですが、

そこで工夫が生まれました。

時間がかかっても、食材が悪くならないように醤油に漬けてみ

たり、味噌に漬けてみたり。事前に下ごしらえをした状態で運ん

だり・・・、冷蔵庫の無い当時のことですから保存方法にも

一工夫ありました。今の懐石料理や和食を敷居が高く、随分

手間暇掛けて作ってあると思ってらっしゃるでしょうが、面倒

くさそうに見える和食も元をたどれば、そうせざるをえない

事情があったということです。

 今でこそ、取れたての秋刀魚を炭火で焼いてみたり、

新鮮な魚を刺身にしてみたり、一方では冷凍食品や出来合いの

お弁当なども増えて、わざわざ手を掛けなくても美味しいものが

随分多くなりました。

 これから先の50年。食の世界はどのように変化を続ける

のでしょうか?最近ではオーガニック食品や原産地呼称

制度も見直され、牛なども個体番号で生産者までわかるように

なりました。技術ももちろん進化するだろうから、そういう意味

ではもっと便利になっていくのでしょう。

 個人的には、数少ない本当に良いものが、正当な評価を

される時代になると思っています。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2006年1月22日 (日)

ふと思ったこと・・

 いま、巷ではライブドアショックが取り立たされています。ネット

を生業とするものとして少なからず興味を持って見ていますが、

一体どうなるのでしょうか。

 私はこのサイトを含め、人間生活を営む上で欠かせない

食の部分に携わっています。食の世界もこの50年間でネット

同様随分な様変わりをしました。

その一番の要因は流通革命でしょう。

北海道で取れた魚が、次の日には九州の料理屋さんで出される

時代です。もちろん国内外を問わずさまざまな国の食材がリアル

タイムで楽しめるようになりました。たとえば生のフォアグラが

空輸されたり、タスマニアのオイスターが次の日にはお店で出さ

れるようになりました。もちろんその恩恵は計り知れないものが

あり、おかげで我々も世界中の料理を食べることが出来るように

なり、また知ることが出来るようになりました。

しかし、その反面、余りに数多い情報量に右往左往して、

大半の日本人が間違った認識をしてしまっているのではないか

と思えてなりません。

 料理の世界にもその風潮は顕著にあらわれています。

 長くなりそうなので、続きはまた・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (63)

2006年1月16日 (月)

焼酎フィルター

 皆さんは、焼酎フィルターって言うのをご存知ですか?

先日、有田に器を観に行った時のことでした。いつも一緒に窯元

めぐりをしている地元の陶器屋さんに連れられていった店に焼酎

が美味しくなる器があるというので見せて貰いました。

焼酎が美味しくなる器って、どんな物なんだろうと期待してみると

器ではなくコーヒーフィルター見たいな形をした物体で、その

コーヒーフィルターみたいな物体に焼酎を通すことで細胞が

細かくなって、味がまろやかになるんだと言うのです。

 私は、そんなの絶対嘘だ。気分的なものじゃないの?

と思っていたので、笑いながら実際に焼酎を入れて飲みました。

すると・・・・・・・美味くなってるじゃありませんか!!

本当にびっくりしました。

と、同時に良くあんなものを考え付いたな、と感心しました。

一体、何処からそんな発想が生まれるのかと思って話を聞いて

みたら、本来はコーヒーフィルターとして作っていた物だったそう

です。好奇心から、焼酎を通したらどうなるのか試したところ、

何故かわからないけど美味しくなってるような気がして調べて

いたら、細胞レベルのところまで辿り着いたそうです。

 もし、これが欲しいという方はそんなに高いものではないので

見かけたら是非購入してみてください。お酒だけでなく、水を

通してもやはり味が滑らかになるみたいです。

それなら、盛り付けるだけで美味しくなる器とか、切るだけで

美味しくなる包丁なんかがあったら良いですね。

あ、ヤッパリダメだ。ウチの仕事が無くなってしまうや・・・・・

| | コメント (14) | トラックバック (48)

2006年1月 6日 (金)

明けましておめでとうございます

 皆さん、明けましておめでとうございます。

今年もより多くの食材を全国から探し出し、皆様にご紹介したい

と思っています。

お正月も6日を過ぎ、明日は七草粥の日です。

せり、なずな、すずな、すずしろ、ごぎょう、はこべ、ほとけのざ

ぱっと見は、単なる雑草にしか見えませんが一年間の無病息災

を願うとともに、正月で飲みすぎて胃が疲れた人にはちょうど

いい料理ですね。

 今年は例年にない寒さで積雪記録を更新しているところも

随分多いみたいですが、そのおかげで温泉地では随分な

賑わいを見せている様です。

全国各地にさまざまな温泉地がありますが、私は何処の温泉

に行っても一日に4,5回入らないと気がすみません。もともと

はカラスの行水なのですが、根が貧乏性なのか、こと温泉に

行ったときだけは入らなきゃ損だと言わんばかりに入ってし

まいます。

 冬場は食材も豊富で、どの温泉宿もさまざまな料理を出し

てくれます。以前行った、熊本県の黒川温泉の宿は

古民家風の建物で、川魚から熊本ならではの馬刺しなど

本当に食べきれないくらいの色んな料理を出してくれて

とても満足しました。

今年も2月に温泉に行く予定ですが、さて何処に

しようかな・・・・・温泉に行くのも楽しいですけど、

色んな本をみて何処にしようか迷うのも、遠足に行く

前のようなワクワクした感じがあるので楽しいものですね。

では、また

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »